ブログ

Obamacareの保険料をのぞき見

気になるオバマケア下の保険料について、いくつかレポートが出てきているので、ご紹介。

Marketwatch: The 50 States of Obamacare

リンク先の表では、各州で

・シルバー・クラスの一番安い保険 (全国平均$310)
・シルバー・クラスの二番目に安い保険 (全国平均$328)
・ブロンズ・クラスの一番安い保険 (全国平均249)

の一人分一月の保険料が書かれている。

どれも保険料補助の前払いTax Creditsをまったく計算に入れていない素の保険料。

前回のブログ記事にも書いたが、プラチナ・ゴールド・シルバー・ブロンズというのは、Obamacare下の保険のクラス分けで、シルバーとプラチナは保険料が低い代わりにOut-of-Poket Costsが高めのクラス。

実際の保険料は年齢でも違ってくるが(例外はNYとVT?)、ここでは予想申請者の年齢分布をウェイトに使って州内で平均値を取っている模様。

これは一人分の保険料なので、3人家族で3X、4人家族で4Xを想像するとかなりの冷や汗ものだけど、一般に子供の保険料はかなり安いことが多いようだし、保険料補助のTax Creditsを受けらる世帯も多いと思うので、実際に払う額はこれから想像するよりもっと低くなるかもしれない。

自分達の保険料が実際にいくらになるかは、州や連邦のHealth Insurance Marketplaceに行って申請してみないと分からないと思うので、そのつもりで読んでやって下さい。これらの数字はあくまで大まかな見安。

私の住むカリフォルニアでは、

・シルバー・クラスの一番安い保険 $341
・シルバー・クラスの二番目に安い保険 $373
・ブロンズ・クラスの一番安い保険 $278

と全国平均よりちょっと高め。

州差も大きく、例えばワイオミング州は

・シルバー・クラスの一番安い保険 $489
・シルバー・クラスの二番目に安い保険 $516
・ブロンズ・クラスの一番安い保険 $425

と滅茶高く、

ミネソタ州は

・シルバー・クラスの一番安い保険 $192
・シルバー・クラスの二番目に安い保険 $192
・ブロンズ・クラスの一番安い保険 $144

と低く目なっている。

ゴールドやプラチナ・クラスの保険だと、もっと保険料高くなるようなので(大汗)、現時点での関心は主にブロンズとシルバークラスの保険に集まっている模様。

Obamacareの保険でも、年配の人達(と言っても65歳以上はMedicareに移るので、それより若い人達)の保険料がかなり高いという噂もあるのだけど、どうなのだろう。実際の情報は、Health Insurance Marketplaceがオープンエンロールメントを開始する10月1日から出てくると思うので、もうちょっとの辛抱。

政府機関発行のオリジナル・レポートはこちら

コメント

すばらしいです。 日本語なら更に理解できます。
10/1 からGov. Shut DownまでなってしまってこれからこのNewsに目が離せません。

ありがとうございました。

>Infinity x infinityさん

ありがとうございます。少しでもお役にたてたなら幸いです。
政府閉鎖の影響がどう出るか、気になるところですよね。

コメントを追加