ブログ

年末のポートフォリオ見直し その3

3.IRAからRothへのRollover
私は以前の職場の401(k)をIRAへ移していましたが、そこで投資している株式ファンドが下がっています。リタイアメント資金なので長期投資が前提です。IRAですからいずれは税金を払わなければなりません。そこで、価格が下がっている今、RothへRolloverして価値が低い間に税金を払ってしまって、引き出すときには非課税になるようにします。

注意点としてはRolloverする資金から税金を源泉徴収(Withhold)されないようにすることです。IRAから引き出す金額をそのままにRothに移し、それに課税される税金は別のところから何とかしなければならないのです。税金を源泉徴収されてしまうと、その分に関してはRolloverではなく、早期引き出し扱いとなって、ペナルティおよび税金が掛かってしまいます。税金を払おうと思ってさらに税金が掛かってしまってはたまりませんから、Rolloverする際には気をつける必要があります。

Rolloverの際にはRothでもまったく同じファンドで運用することにしました。元々リタイアメント資金として長期投資を行っていますし、資産分配の割合を変える必要性が無かったので、まったくそのままです。

2008年12月12日の「今日の注目記事」より

コメントを追加