ブログ

口座振込み

アメリカには日本と同じ意味の「口座振込み」というのはありません。個人でも小切手を使うことが多いので、余り発達しなかったんでしょうね。アメリカに来てから数年前までは、料金の支払いや家賃まで何でも小切手でした。

個人間でお金をやり取りするときも小切手の場合が頻繁にありました。ところが数年前から私が使っているBank of Americaは、Bank of Americaの顧客同士なら簡単に送金ができるようになりました(たぶん他の銀行でも大手なら同様のサービスがあると思います)。これで個人同士でもお金のやり取りが楽になりました。

方法は簡単で、送金相手の口座番号、Last Name、Zipコードを入力するだけです。口座番号を人に教えるのはちょっと、という人もいるかもしれませんが、引き出しができるようになる訳ではないので、友人や知り合いなら問題ありません。一度登録すれば次回からは相手の名前を選ぶだけで送金できます。送金元の情報は名前と口座番号の最後の4桁が送金相手の記録に残るので、誰から送金してもらったかの確認もできます。

頻繁に使うわけではありませんが、私は親友を数人登録してあって、立て替えてもらったお金の支払いなどに使っています。

手数料は掛からないし、小切手を書く手間は省けるし、お金の移動は即日で決済されますから、本当に手間要らずです。もっとも、そのためにお金のやり取りをしているという金銭感覚が失われないように気をつけなければいけませんが。

コメント

私の給料はBank of Americaに振り込まれて、毎月Fidelity investmentsのMySmart Accountに転送してます。
Fidelity investmentsのアカウントから「銀行からお金を引き出すように」という注文をだしてますが、手数料はタダです。
違う銀行でも自分の口座から自分の口座の場合はタダなのでしょうかね?
他の人にお金送る場合は、アメリカ国内ならば、Paypalも使ってます。結構便利ですね。

私もコメントいれられればなあと思ってました。ナイス。
口座番号を他人に教えるのは一瞬躊躇しますが、よく考えればチェックにも入ってるし、知り合いならば何も困る事はありませんよね。チェック嫌いの私には、日本の銀行振込よりも迅速かつ気軽で楽です。

コメントを追加