ブログ

確定申告を修正してみた

<span class="inline inline-left"><a href="http://www.irs.gov/pub/irs-pdf/f1040x.pdf"><img src="http://www.fiplanning.com/sites/default/files/images/1040X.img_assist_cu... alt="" title="" class="image image-img_assist_custom " width="200" /></a></span>去年のことになるが、2007年と2008年分の確定申告を修正してみた。修正申告にはフォーム1040Xを使う(画像)。修正内容そのものは1040と付随するフォームで行い、1040Xは何が変わったのかを報告する。つまり、1040Xは正誤表みたいなものである。<br/>
<br/>
1040Xと一緒に修正した内容の1040を送るのだが、このとき、付随するフォームは修正があったものだけ送れば良い。例えばSchedule A、B、C、Dをもともと添付していたが、修正があるのはSchedule Cだけという場合、1040とSchedule Cだけを1040Xと共に送る。<br/>
<br/>
<!--break-->
僕はTurboTaxをずっと使っているので、修正申告もTurboTaxを使ってやった。TurboTaxなら簡単に出来ると思いきや、意外と面倒。簡単な修正なら自分で必要なフォームだけPDFに手入力したほうが簡単だ。1040Xも簡単なフォームなので、理屈が分かってしまえば簡単。ただし、わざわざTurboTaxできっちりとやったのには理由がある。<br/>
<br/>
マサチューセッツ州の確定申告も修正する必要が生じるため、一度入力した内容をそのまま使えるようにしたかった。また、マサチューセッツの場合、用紙にバーコードが印刷されるので、手入力ではうまくいかないだろうと思ったため。それと2009年の確定申告をする際、前年のTurboTaxファイルが必要になるが、それを修正されたものにしておきたかったため。結果としてはうまく出来たけど、ちょっとコツが必要で、案外面倒だと感じた(リクエストがあれば、もう少し詳しくお伝えします)。<br/>
<br/>
修正申告の入力が終わったら、それを印刷して郵送する。修正申告ではeFileは使えない。<br/>
<br/>
今回は2007年分は追加のリファンドになったため、無事に修正が受け入れられたことを示す<a href="http://www.irs.gov/individuals/article/0,,id=185389,00.html">CP 21B </a>という通知が送られてきた。その数日後にはリファンドの小切手が届いた。ちなみにリファンドには<a href="http://www.irs.gov/newsroom/article/0,,id=212017,00.html">利息をつけてもらえる</a>。現在の利率は4%だから、そこいらの銀行口座よりも良い。修正してリファンドがもらえるなら、今がチャンス!<br/>