ブログ

EOBもオンラインで見ることが可能に

何回かアメリカの医療保険制度の話は書いているが、今回は良くなっている点を取り上げる。先日、医者に掛かり、EOBが送られてきた。EOBとはExplanation of Benefitsの略で、保険会社が医療機関から保険請求を受け、どのように医療機関に支払いが行われたかを示すもの。医療保険の使用履歴とも言える。

このEOBは書式が分かりにくいなどの問題点もあるが、とにかく自分が受けた治療の記録や自己負担がいくらになるかが記載されているので重要な書類であることは間違いない。でも、書類は邪魔なのでできるだけ少ないほうが良い。今までは送られてくるたびにスキャナーで読み込み、PDF化して保存していた(私はすべての書類を電子化している)。

今回のEOBが送られてきた封筒に「Make this envelop disappear」と大きく書いてある。何の意味かと思ったらEOBがオンラインでも見れるようになっており、しかもペーパーレスにすることもできると書いてある。さっそく保険会社のサイトにログインしてオンラインのみとして申し込んでおいた。

昔は銀行やカードの明細などをオンラインだけにすることに抵抗があった。でも今はできるものはすべてオンライン化している。送られてくる書類を減らせるし、既にPDF化されている場合がほとんどなので、ダウンロードすれば自分でも記録を残しておけるから、抵抗は無くなった。

ペーパーレスで構わない人は自分の保険会社のサイトをチェックしてみてはどうだろう。