ブログ

それほど酷くは無かったB●A

Kayさんのこのポストこのポスト、それに掲示板でのこの投稿この投稿を読んで、自分も口座の種類を考えなければと思っていました。店舗に行く機会があったので色々と話を聞いて、大体状況が分かったので皆さんに伝えておきます。

My Accessチェッキングの終了は意外とゆっくり

同じマサチューセッツなのにKayさんのところにはお知らせが来てうちには来てませんでした。同じ州でも一度にお客さんが窓口に来ないように順々にお知らせを発送しているとのこと。ニュアンスとしては数ヶ月以上かけて段階的にMy Accessを無くしていくようでした。
また、現在、My Accessを廃止し始めているのはマサチューセッツ、アリゾナ、ジョージアの3州だけ。それ以外の州は1年ほどかけて広げていくそうです。

eBanking Checking

eBankingにすると銀行の窓口が使えないと思っていたのですが、厳密に言えば「ATMで出来ることと同じことを窓口ではできない」というものでした。例えば現金をおろすとか、小切手をデポジットするとか。こんなのは窓口で出来ても面倒だから、今でもATMで行っています。しかも現金の入金も今はATMで出来るようになったので、わざわざ窓口を使う必要はありません。
窓口で「しか」出来ない業務は、eBankingであっても口座管理費が掛かることなく利用できるとのことでした。具体的にはコインのやりとり(入金・出金)やBank Draftなどです。たまに$100札が必要になったら引き出さないといけませんが、それもATMで引き出した後、お札を交換するのであれば窓口でオッケー。

eBankingの条件としてはPaperlessにして明細を郵便で受け取らないようにする必要があります。今時、明細書をわざわざ送ってもらうこともないので既にPaperlessにしてます。ということで、eBankingにしてもほとんど問題がないことが分かりました。

Enhanced Checking

ではEnhancedだとそんなに条件が悪いか、と言うとそうでもなく、注意深く条件を読めば多くの人が無料で利用できることが分かりました。Depositが月に$2,000というのは給与振り込み口座にしている人はクリアする人が多いでしょう。残高$5,000はちょっときついですね。しかしクレジットカードを持っている人は月に1回以上使えば良いとのこと。クレジットカードはスコアを維持したり、キャンセルされたりしないためにもある程度は使った方がよいので、この月1回の条件は簡単にクリアできるはずです。どれか1つの条件を満たせばいいので楽勝かも知れません。

Premium Checking

その上のPremiumは敷居が高いです。残高を$20,000維持しないと管理手数料が取られます。ただ住宅ローンがあればローン残高がいくらでも良いそうです(ただし、First Mortgageであること)。小切手とかCashier's Checksとかの手数料が無料になるので、B●Aに住宅ローンがある人はPremiumにするとメリットがありそうです。

ここでも口座のニックネームが!

係の人と話していて、たまたま口座のニックネームの話になりました。My AccessをeBankingに変更すると、ニックネームを付けていない場合は自動で口座名が変わりますが、ニックネームを付けているとそのままになるとのことでした。今まで「My Access 1234」みたいなニックネームにしていたので、親切に口座名をどこで変えるか教えてくれました。

セールスピッチ

ニックネームだけでなく、口座の残高とか他の銀行とのやりとり(INGに移しているとか)も見られて、「投資も出来る」とか「Savingsはどう?」とか色々勧められましたが、「考えておく」という態度で通しました。あからさまな態度は取りませんでしたが、この銀行は普段の生活で使う入出金のためだけなので、余計なサービスは全く要りません。でも、何かあったときに店舗で話せるのは安心です。前回、別件で行ったときに顔を覚えられていたので、失礼にならないように話を聞きつつ、閉店時間でおいとましました。こういう話の時は閉店のちょっと前に行くと時間切れでセールスピッチを聞かなくてすむのかも知れません。

Wire Transfer

ほとんど使うことはないのですが日本の口座にお金を移したいときにWire Transferを使うことがあります。前回は間違うといやなので窓口でやったのですが、オンラインでも出来るとのこと。Internationalだと$45も掛かるので滅多に使うことはありませんが、どうしても必要なときにはオンラインですぐ出来れば安心です。

コメントを追加