ブログ

デビット使用手数料を免除してもらうのは結構大変

Kayさんがデビットカード使用に手数料!で書いている通りBank of Americaはデビットカードを使った月に$5の手数料を取るようになります。mikichinさんが電話で聞いたと書いていらっしゃったので、自分の州でも調べないと、と思っていました。実施される前に通知が来るはずですが、その手数料の免除にはどのような条件が必要か知りたかったので、ついでがあったときに店舗で聞いてみました。

Checkingのプランは州によっても違いますが、マサチューセッツの場合は4つ。下からEssentials, eBanking, Enhanced, Premium となっています。今使っているのはeBankingで、ステートメントをオンラインで見るという条件なら口座維持手数料は無料です。Enhancedになると毎月$2,000の自動振り込み、残高$5,000の維持、もしくはクレジットカードを使うことが条件です。Premiumは残高$20,000もしくは住宅ローンと敷居が高くなっています。

新しくできるデビット使用料がどのプランなら免除になるか気になっていました。条件をクリアすることは比較的簡単なので、Enhancedで免除して欲しかったのですが、BofAの行員によると「Premiumでないと免除にならない」とのこと。残念。。。

そこで、出来ることを考えて見ました。

  • クレジットカードを使う
  • BofAのクレジットカードは持っているので、毎回それを使うことでデビット手数料を避けることが出来ます。ただ、私は普段の生活費はデビットを使うことでお金の出入りを把握しやすくしています。口座残高が減ってきたら使い過ぎとすぐに分かるので、クレジットカードよりも便利です。

  • 他の銀行に口座を移す
  • デビット手数料のない銀行に口座を移すことを考えています。Citizensでも口座維持手数料の免除にはそれなりの残高が必要ではあります。
    自動引き落としの登録をすべて変えないと行けないのが面倒です。Citizens Bankにはそれを手伝ってくれるサービスがあるそうで、一応、候補です。また小切手帳が使えなくなるので買い直さないと行けません。さらにせっかく銀行を変えても、そこもデビット手数料を取ることにするかも知れません。

  • 現金で済ます
  • 頻繁にATMにいく手間を考えると、今更現金中心の生活には戻れないような気がします。現金を使うのは一月に数回程度(食事をして割り勘にしたとか、現金のみのお店など)で、それに慣れてしまいました。

余計な法律のせいで、消費者に手間が掛かるようになるのは困ったものです。

コメント

Nobuさん、情報ありがとうございます。

クレジット・カードを使うしか回避する方法はなさそうですね。今、口座手数料無料の銀行も、将来的に手数料を取るかもしれませんし。。。

ここにくる皆さんは、クレジット・カードの使い過ぎというケースはないでしょうが、一般のアメリカ人で今までデビット・カードで出費をコントロールしていた人たちの中には、口座手数料を回避するために、結果としてクレジット・カードを使いすぎてしまう・・・というケースも出てくると思います(もしかして銀行はそれを狙っている!?)。

カードだと使いすぎるというケースはあると思います。僕もそれが心配で無料でデビットが使えるところを探そうと思っています。

コメントを追加