ブログ

サンタクロースが北極点で逮捕

サンタクロースがIRS、INS、およびFWSの合同捜査により逮捕された模様です。容疑はマネーロンダリング、違法に通貨を持ち出したこと、合衆国に禁止されている木材や象牙を使ったオモチャを持ち込んだことなどです。

IRSのコミッショナーは「サンタクロースは50年以上も米国の確定申告を行っておらず、190件に及ぶ海外口座の申告(FBAR=Foreign Bank Account Reports)を怠っていました。」と言っています。

インターネット上でニュースが出回っているようですが、おそらくこれが一番まとまっている記事です。ご興味のある方は読んで笑ってください。

Santa Claus Arrested Following Joint Investigation by IRS, INS, and FWS

コメント

あれれ、サンタさんもFBARにひっかかっちゃいましたか。良い弁護士が見つかると良いですね。Flight Riskがあるから、保釈は無しとか(笑)。

FATCA(Foreign Account Tax Compliance Act)の施行が予定通りに進んだら、金融・会計上の世界はうんと小さくなるだろうし、似たようなニュースが次々出てくるかもしれませんね。

こんなジョークが出るくらい、今の法律は厳しくなってきていると言うことなんだと思います。FATCAはフォームがいつの間にか最終版になっているようですね。日本にそれなりに資産を置いてある人は要注意なんですが、FBARが既にあるんだから普通の人は面倒が増えただけですね。

昔(今でも?)は親が子供の名前で銀行口座開設したりとかいうことがよくありましたよね。万が一、そういったのが日本にわたしの名義で残っていないか、親に問い合わせたことがあります。自分の知らない口座でFBARに引っかかったりしたら、目もあてられません。

コメントを追加