ブログ

新しくクレジットカードを作ってみた

たまたま自分の使っている銀行のオンライン画面でクレジットカードのプロモーションをしていたので申し込むことにしてみました。最初の3ヶ月の間に$500使ったら$100のキャッシュバックがもらえるというプロモーションで、カード自体も1%~3%のキャッシュバックがあります。今まで(余り積極的ではないけど)調べたキャッシュバックのあるカードは大体年会費があったのだけれども、これは年会費無料。自分が使っている銀行なのでまとめてオンラインで見れる、今までメインで使っていたカードはキャッシュバックが遅い、などの理由でこちらをメインにすることに。

その銀行には預金口座もあるしクレジットカードもあるし、クレジットスコアも良いはずだし、問題は全くないはずと思い、オンラインで申し込みました。必要な情報を入力して送信すると、何と「お申し込み頂いた内容では、即決(Instant approval)ができません。書面にて審査結果をお知らせするので7~10日ほどお待ちください」というメッセージが。このときは「何~、(僕は)優良な顧客なのに何が問題なんだ~」と思いました。もしかしたら給与振り込み口座に指定していないので収入と毎月の入金が合わないことが問題だったのかも知れません。あるいは預金額が少なすぎたのかも知れません(余剰資金はすぐに他に移してしまうので)。

書面にて、というメッセージだったのですが2日後にはオンライン画面に新しいクレジットカード口座が出来ていました。全く問題なく承認されたようで、使用限度額なども今までのものよりも高く設定されています。ただ、この時点では口座は出来ているのですが、カード番号は下4桁しか分かりませんし、カードそのものがないのでまだ使えません。

さらに2日後には「承認しました」という通知が来ました。そこにはカードの条件(年会費や利率)が書かれているだけではなく、何と僕のクレジットスコアも載っていました。確かここ数年で出来た法律でクレジットが拒否された時には理由とともに、その根拠となったクレジットスコアを通知する義務があったはずです。僕の場合は承認されたのですが、それでもスコアを教えてくれたので助かりました。自分でスコアを知るためにはわざわざお金を払わないといけないので($10~20程度ですが)、その分、既に得した気分です。

実際のカードはそれからさらに4日ほど経って送られてきました。これでやっと使えるようになるのですが、その前にActivateしなければなりません。昔は自宅として登録してある電話からカスタマーサービスに電話しなければなりませんでした。大体その時に他のサービスなどのセールストークもされるので面倒だったのですが、今はこれもオンラインで簡単にできました。余計なサービスの選択画面はありましたが、最初から「No」が選択されているのでそのままで大丈夫でした。最近、銀行への風当たりが強いので、知らない間に不要なサービスに申し込んでしまう、ということが無いようにしてあるのでしょう。

Quickenの記録によると前にカードを作ったのは7年前。その間に申し込みからActivationまで全てオンラインで出来るようになって、とても楽になりました。

コメント

私も先週オンラインでクレジットカードの申し込みをしました。現在カード待ち。
applyして30秒ほどで、承認されました。昔の苦労を思うと脱力です。。。
ちなみにカードは年会費は高めですが、supermarketでの買い物には6%バックのものです。
私達、食費が毎月凄いのでそれだけで十分ペイします。
それに加えて、アマゾンのギフトカード(各種手数料なし)をスーパーで購入しようと企み中。
主婦は発想がせこいわー。

うちはデイケアの費用をキャッシュバックを期待してカードで払ってます。

わたしもそれやってた。でも今は給与天引き。

私も実に久しぶりに新しくカードをつくりました。それはホテルのポイントと連動しているもので、今回新規に作ると、それだけで1泊タダで泊まれるくらいのポイントがつくのに釣られてです。
秋にヨーロッパ旅行を計画しているので、これならペイするかな、と。

「Applyして30秒ほど」、普通そうですよね。なのですぐに結果が分からなかったときはがっくりしました。承認されたんで別にいいのですが。

ポイントとか特典とか魅力的なカードがいろいろとあるようですが、いつも労力と得られるものを天秤にかけて、地道に1%で満足するようにしてます。

Nobuさんのおっしゃっていることわかります。
自分の行動パターンを変えなくても(あるいは変える労力と比べて)
ペイするかどうかが鍵かなと思います。

コメントを追加