ブログ

MacBook Airはクレジットカード不正使用の印?

先日新しいカードを作ったのですが、それで始めて大きな買い物をしました。Appleの正規のオンラインストアでMacBook Airを注文(横の画像はAmazonですが)。普通に注文できて、2~3日で出荷とのこと。どうやらクレジットカードには出荷した時にチャージされるらしく、昨日まではPending(カード会社に問い合わせだけいってチャージされてない状態)でした。

今日くらいに出荷されるだろうなぁ、と思っていたらクレジットカードを作ったBank of Americaから電話が。Bank of Americaの電話番号からはしょっちゅう電話が掛かってくるので今日も無視。というかCaller IDを設定して音も鳴らず自動的にボイスメールになる設定をしています。普通はボイスメールには何も残っていないのですが、今日に限ってメッセージが。仕方なく聞いてみると「あなたのカードのActivityで不審なものがあったので、カードをブロックしました。以下の番号に電話を掛けてください」という内容。

このBank of Americaからの電話番号、Caller IDで検索すると「これは詐欺だから取らないように」という書き込みが見つかります。なので、このメッセージも本当にBank of Americaかどうか疑わしいです。そこでメッセージに残っている番号ではなく、自分のオンラインページで確認することにしました。すると、「この口座で疑わしい処理があるので、これこれのページに行って内容を確認してください」と表示され、カードの詳細が見えないようになっています。アドレスを何回も確認して本当にBank of Americaのサイトであることを確認したので、本物のメッセージだったようです。

ブロックを解除するためのページへ行くとカード番号、SSNの下4桁、Zipコードなどを聞かれた後に「以下の買い物は全て自分自身のものですか?」という質問とともに最近6、7回分のチャージが表示されました。その一番上がMacBook Airで、それだけが大きい買い物。他はカフェテリアとかの少額です。本当に不正がないか、確認した後、「Yes」それは自分で買った物です、をクリック。

オンラインではすぐにはブロックが解除されませんでしたが、お昼ご飯を買う時に使ってみたら問題なく使えました。オンラインの画面も数時間後に確認すると普通に見えるように。

おそらく、オンラインでの買い物で不正使用が多いのでしょう。こういった方法で「もしかして不正使用?」と言う時にすぐにブロックして確認してくれるのは、安全と言えば安全です。とはいえ少し大きな買い物をするとカードがブロックされてしまうのは困りものです。次回からは大きな買い物をするときにはブロックされることも考えて使うようにします。

コメントを追加