ブログ

Bank of Americaでも小切手の入金がアプリで可能に

他の銀行では始まっていたのですが、Bank of Americaでも自分で小切手をスキャンして入金できるようになったようです。iPhoneやAndroidなどのスマートフォンにアプリを入れ、そのカメラで小切手の裏表の写真を撮ればいいようです。

http://learn.bankofamerica.com/products/money-management/mobile-check-deposit.html

手順を見るとATMとほぼ同じ。最近のATMは金額を自動で読み取ってくれるのが便利ですが、アプリではさすがにそこまではできないようです。自分で金額を入力するみたいです。

もっとも、最近は小切手を受け取ることはほとんどなくなりました。例えば知り合い同士で割り勘の精算をした時など、小切手よりも直接送金(Bank of Americaの口座間)、メールによる支払い(銀行のサービスやPayPal)で済ませるほうが楽です。このアプリをインストールして入金を試してみるのは、しばらくないかもしれません。

コメント

やっとですか、バンカメ(笑
これでBig Fourの全てがMobile Check Depositサービスを持つようになったという事ですかね。

US Bankで開始になったときに使ったのですが、手数料取るんですよね、これ。当時は一回50セント。(最近は使ってないのでわかりません。)小切手を郵送することを考えれば、切手代と変わらないとも言えますが、ATMに持っていけば無料でデポジットできるのに、額面の小さな小切手(電話会社のclass action lawsuitの支払いとか)をデポジットするのに50セント取られたんではたまらないと思い、最近はATMまで行ってます。おまけに当時のUS Bankは一回の入金額の上限もあって、あまり大きな額面の小切手もデポジットできませんでした。セキュリティのためなんでしょうけど。

ええええ、fee取られる場合があるのかあ。それはヒドイ(笑

最近、銀行のサービスでわざわざ「FREE」と断ってないものは、全部手数料を取るものだと解釈してます(笑

早速使ってみました。チェックの4つ角がすべて写真に納まっていないといけないのでチェックの長さによってはかなり小さい写真になります。とりあえず問題なくデポジットできる様です。

私も「これは便利!」と思い使ってみたのですが、夜に部屋の灯りで撮影して送ろうとしても手の陰等が入りうまく認識しませんでした。光がふんだんにある昼間はオフィスの近くのバンカメまで行ってデポジットすれば良いので、夜にやることに意義を感じています。無事にデポジットされたとのこと何かコツがあるのでしょうか?

コメントを追加