ブログ

TurboTaxのエディションに注意

明けましておめでとうございます。今年もFI Planningをよろしくお願いします。

新年明けて確定申告の準備でもと思い、例年購入しているTurboTaxを調べてみたら、(毎年そうなんですが今年は特に)購入した人の不満が噴出しているようです。理由はSchedule C、D、E、Fをそれぞれ前年のエディションよりも値段の高いエディションでしか使えないようにしたことです。

実際に確認したわけではないのですが、Amazonのレビューを読む限りではこのような形になっているようです。

  • Schedule D、Eが必要な場合 --> Premier (昨年まではDeluxeで十分だった)
  • Schedule C、Fが必要な場合 --> Home & Business (昨年まではPremierで十分だった)

もしこれが本当だった場合、最初から必要なエディションを購入するほうが良さそうです。下のエディションを買ってからあとで追加料金を払ってアップグレードするよりも安くつくと思われます。また、他のソフトに乗り換えるというのもありかもしれません。裏ワザ的にはもしかしたらDeluxeでもフォーム自体に手入力するのであれば使えるのかもしれません(それだとソフトを使う意味がないですが)。

私自身はずっとデスクトップバージョンを使ってきたし、幾つか手動で入力しないといけない項目なども分かっているので、多分、そのまま使い続けると思います。例年、金融機関からディスカウントで販売されているので、今年はAmazonよりも安い(今日現在ですが)金融機関のディスカウントで買ってみようかと思ってます。

https://personal.vanguard.com/us/insights/taxcenter/qdi/turbotax
https://www.fidelity.com/taxes/turbotax-discount/overview
http://individual.troweprice.com/public/Retail/Planning-&-Research/Tax-P...

Vanguardのページには「オンライン版は1月9日に値上げ」と書いてあるのでオンラインでいい人は早めが良さそうですね。あとAmazon Primeの人もディスカウントがあるようですね。

コメントを追加