ブログ

カード番号、再び盗難

1年半ほど前に普段使っていないカード番号がなぜか盗まれて自動的に停止され、新しいカードが発行されたことがありました(僕のカード番号も盗まれた!)。今回、また別のカード番号が不正使用されてしまいました!

先週のある日、仕事時間に電話が掛かってきましたが、発信元が800番号(日本のフリーダイヤルに相当)だったので無視すると留守電が。大抵は何かの勧誘か無言なのですが、今回は「こちらは◯◯バンクのFraud Prevention Service (不正使用防止サービス?)です。あなたのマスターカードで連絡することがあるので 800-877-7408までお電話下さい」というメッセージ。こちらのフルネームを知っていたとはいえ、そのままその番号にかけて騙されるものかと思い、インターネットで検索。すると、それ自体がFraudだという人と、ちゃんとした正規のものだという人が半々(例えばここ http://800notes.com/Phone.aspx/1-800-877-7408)。こういう時はカードに裏に書いてある、本当に正規のものと分かるカスタマーサービスの番号にかけるのが得策。

カスタマーサービスに電話すると自動応答で自動的に「Fraud Prevention Service にお繋ぎします」と音声が流れました。オペレーターが出るとおきまりの本人確認の後、「およそ2時間前にNew YorkのSaks Fifth Avenueで$4,000ほどの買い物をしようとしませんでしたか?」と聞かれたので「いえ、違います。今、New Yorkにはいません」と答えると、「こちらもそう思いましたのでカードを停止しました。違う番号の新しいカードを発行するので、今のカードは破棄して下さい」とのこと。

こちらはカードをなくした訳でもないのに番号がどこかで抜き取られた模様。その人によるとカードのコピーを作られ、それが実店舗で使われたのではないかとのこと。それにしてもSaks Fifth Avenueで$4,000の買い物とは盗んだ人もかなり大胆。そこでカードが使えなかったらどんな反応をしたのか見てみたい。お店側はそういった時にどうするんだろうか?

家に帰ってからオンラインでカードアカウントにログインすると、既に前のカードは前回の締め日までのチャージしかなく、それ以降の正当なチャージは既に新しい番号へ移されていました。自動支払も同じ設定がされていて、自分では何もしなくて大丈夫。このカードで自動支払などは設定してなかったと思うので、後はカードそのものが送られてくるのを待つだけ。

その後、1週間ほどでカードが送られてきてやれやれ。なのですが、普通はカードが届くとActivationが必要で、オンラインか電話でカードが届いたことを伝える必要があるのですが、このカードには何も指示がありません。それでも普通に使えたので、もしこの封筒が盗まれていたらそのままカードを使用できてしまうという状態。う~ん、不正使用を事前防止するシステムがしっかりしているくせに、そういうところでは抜けているような気がします。

コメント

私も最近経験しました。 CapitalOneのカードだったんですが、先方(Customer Service)もこちらに不審を抱かせないために、直近5件の使用履歴を確認したりと、「ああ、これはカード会社本社だな」とわかるやり方でした。ただ、対応のスタッフがものすごい?南部ナマリで最初の10分くらいなんの目的で電話してきたのかよくわからなくて何度も聞き直しました(笑  最近、カード会社も被害に合う前のProtection Programが充実してきましたね。

Protectionはカード会社の死活問題でもあるので、確かにしっかりしている感じはしますね。自分に起きた範囲では不正使用があっても負担はないですし。

私も今奇妙なクレジットカードを体験しているところです。
私はアメリカ在住で、一ヶ月ほど前に日本のWEBSITEでアメリカ日本間の航空券を購入、
オンラインでクレジットカードには直ぐこの記録が載り保留になっていました。
数日はどの保留は近所のスーパーでも同じなので、心配していなかったのですが、
4週間たっても保留になっていました。
そして数日後オンラインを開けたら、この航空券の記録が削除、そして不正使用されたので、
即刻カードを凍結するとのメッセージ、びっくりして指定された電話番号をかけました。
いろいろと最近のクレジットカードの使用先を聞かれて、全部確かに使用したと伝え、
航空券の記録を復旧して欲しいと依頼したところ、クレジット会社ではなんの操作をしていないので、
購入先に連絡するように言われました。
DeNA, エアリンクと言う会社でメールアドレスは何故かSkygateとなっていましたが、
東京の友人にも情報収集を手伝ってもらって、
なんとかこの会社のメールアドレスを見つけて、確認したところ、
既に4週間前に入金処理されていて、何の問題も無いといわれました。
でも未だにオンラインで見る使用記録にこのAIRLINK CO.LTD.で、約千ドル見当たりません。
E-Ticketは既に発行され、往復の座席を予約できていますが、こういうことってあるんでしょうか。

日本での購入が問題無いというのは不思議ですね。どこかで処理が間違ったにもかかわらず、チケットはちゃんと発行されてしまったということでしょうか。航空会社に直接連絡して、本当に発券済みになっているか確認するのも手かもしれません。もしこれで普通に飛行機に乗れたらどこかのミスのお陰で無料航空券が当たったということですね(^^)

Nobu様、

コメントありがとうございます、そうですね、航空会社に直接連絡してみると良いかもしれませんね。
航空会社にチェックして、本当に私の名前で予約されているのを確認してみようと思います。

Nobu様、

航空会社のWEBで名前を入れて旅行会社から来たE-チケットのコード番号をいれたら、
間違いなく、私のスケジュールが入っていました。
ひょっとしたら、無料航空券?に遭遇するかもしれません。
それと、よくよくオンラインでマスターカードの明細をみたら、
母の日に花をおくった三箇所のうち二箇所、記載されておらず、
合計200ドルほど請求されていません。
こういう経験は初めてです。

Nobu様、

やっと5月31日付けでクレジットカードから引き落としありました。
これで安心して日本に行けます。
4月21日に購入した金額より、最近の円安で4%ほど安くなっていました。

いろいろと助言ありがとうございました。

ずいぶんと時間が掛かったんですね。実は私も予約した航空券のE-Ticketがすぐにオンラインで見られなかったのですが、カードから引かれたあとに見れるようになったという経験をしました。出発は随分先なんで心配はしてなかったのですが、何でもオンラインのこの時代、どうしてすぐに出来ないのか、不思議です。

コメントを追加