ブログ

Amazonの買い物でやられた(という程でもないのですが)

先日、Amazonで家庭用品を注文しました。Amazonそのものではなく、別のSellerが売っているものですが送料無料だし、あまり良く調べずに買いました。すると2日後に何故かTargetから箱が届きました!Amazonで買ったのに何故にTargetから?

ラベルの住所や名前もあっているし、箱を開けてみたら確かに注文したもの。Targetから直接送ってきているのでもちろん新品ですし、ちゃんと機能したので普通なら何も文句はないのですが・・・

このSeller、DropAirというところなのですが、Targetから直接送ってきているのはおかしいので、少し調べてみたら、Targetでは同じ商品が何と$25も安く売っているではありませんか!ちゃんと色々比較してから買えば良かったのですが、このSeller、注文を受けたら単にTarget(の恐らくオンライン)で同じ商品を注文し、送り先を顧客の住所にするだけで商売しているようです。Amazonの規約に違反しているんじゃないかとも思いますし、自分の住所が勝手にTargetに渡されるのも困ったものです。

自分が同意して購入したものなので(高く買ってしまって悔しいというのは別にして)何かして欲しいわけではなく(商品自体は気に入ったので使ってます)、住所が勝手にという部分だけで、今からどうしようもないのは分かっているのですが、Amazonには報告しておこうかなと思ってます。皆さんもThird Partyから買う時は注意してください。

コメント

どこかで聞いたような話だと思ったら、NPRのPlanet Moneyで昔似たようなエピソードがありました: http://www.npr.org/sections/money/2015/06/03/411777635/episode-629-buy-l...

この場合は自分の足で買い付けに行っているという点が大きく違うといえば違いますが、大きな小売店間の価格差を利用して裁定で稼ぐという意味ではまったく同じモデルですね。市場が効率的でないことの有力な証拠ですね。

そうですね、市場が効率的でない=すべての情報が全ての人にすぐに伝わるわけではないという実例になってしまいました。NPRのポッドキャストも自分も聞いてたはずなんですが(苦笑) キッチン用品など少額のものでも、そういうケースは多いような気がします。近所のスーパーで買えば$3のものが、$8くらいで売ってたりします。面倒だったり、元の商品の価格を知らない人は思わずAmazonで買ってしまうということなんでしょう。

コメントを追加