ドルコスト平均法(Dollar Cost Averaging)

Dollar Cost Averaging = DCA とは、継続的に投資し、証券購入のコストを平均化してリターンを効率よく狙う方法です。一定額を継続的に投資することで、価格が高いときは少ない株数を、価格が安いときには株数を多く購入することで平均価格を下げます。 例えば、毎月$100を投資するとします。株価が$10の月は10株を購入します。次の月に株価が下がり、$5になると同じ$100でも20株、買えます。その後、株価が上がり$20になれば5株だけ買います。3ヶ月間の平均株価は$11.67ですが、自分の所有している株価の平均は$8.57になります。 これはMutual Fundでも同じことです。FundのNAV(Net Asset Value)が低いときには多くのShareを、高いときには少なめのShareを購入していくことになります。このように毎月一定額を投資することで、投資の基本である安いときに多く買うことが実践できます。