購入計画

それではIndex Fundに投資をするとき、どのように買っていけばいいのでしょうか?Index Fundは効率よく市場全体に投資し、長期的なリターンを狙うものです。ですから、効率が悪いこと(Load Fundや手数料、短期の売り買いによる税金)を避ける方法が基本になります。 継続的に投資するならドルコスト平均法を使って、毎月一定額を投資するのが基本になります。逆にまとまったお金を一度に投資するのなら、できるだけ安いコストで一度に購入することになります。いずれの場合もコストを抑えるため、No-Load FundでExpense Ratioができるだけ低いものを選びます。さらに企業リスクを減らし、市場全体に投資するためにWilshire 5000 IndexをベースにしたFundに投資するといいでしょう。 Mutual Fundを買ったことがない人や、自分で調べたことがあまりない人は、具体的にどの会社のどのIndex Fundにしたらいいか、迷ってしまうかもしれません。そこで、No-LoadでExpense Ratioが低いと言う条件に当てはまるWilshire 5000 IndexをベースにしたFundの例を、投資額やスタイルで分けて紹介します。このページの情報は2011年4月4日時点のものです。

初期投資$3000以上で継続的に投資する場合

Vanguard Total Stock Market Index Fund (VTSMX) 初期投資額は$3,000で$100単位で自動投資(隔週、毎月など)ができます。No-LoadでLow Expense Ratio (0.18%)です。ファンド保有金額が$10,000未満の場合、年間$20のAccount Service Feeが掛かりますが、郵便でなくオンラインでステートメントを見るようにすると無料になります。。

初期投資$0で毎月$50以上、継続的に投資

T. Rowe Price Total Equity (POMIX) このFundが私が調べた中で一番金額が低くて始められるWilshire 5000 IndexをベースにしたFundです。通常は口座開設には$2,500以上必要ですが、Systematic Purchaseで銀行口座から自動的に毎月投資する場合、$50から始めることができます(つまり、$2,500の初期投資がなくても始められる)。$2.50/四半期のMaintenance Feeが掛かります($10,000以下のバランスのとき)。また自動投資を止めても構いません(ただし$2000以上口座にないと$10/年のFeeが掛かる)。小額で始めたい人に向いています。

一度に$1000以上投資して、継続しない場合

Vanguard Total Stock Market ETF (VTI) 継続的に投資(= Dollar Cost Averaging)ではなしに、一度に投資する場合、ETFがExpense Ratioで有利になります。VTIの場合、脅威の(!)0.07%です。ETFは株のように取引されるので、証券会社の口座を開き、成り行き、または指値で買います。Vanguard Brokerageで取引する場合、売買手数料さえ掛かりません。