掲示板

2010年のカリフォルニア州所得税の予定納税

昨日税理士と会ってきたのですが、2010年にCA州所得税の予定納税をする場合は、年内に納める必要のある額をQ1に30%、Q2に40%、Q3に0%、Q4に30%という割合で支払うことになっているんですね。

予定納税は25%ずつ四半期毎に払うのが普通なんですが、財政難のカリフォルニア、州の予算年度が終わるのが6月末だから、、その前に年間額の70%(!)を繰り上げて支払わせようという苦肉の策のようです。

去年の予定納税はQ1~Q4それぞれ30%、30%、20%,20%だったし、それにちょっと拍車がかかった感じ。

こんな事しても、来年度会計の歳入が減るだけなのに、そこが政治の浅はかさ。来年は知事も変わってるし、また再来年から借りてくればよいということなんでしょうか。

会社員のサラリーなどから源泉徴収された税額はこの繰上げ政策の対象にはならないので、ご安心下さい。

自営業だと、年末にならないとお金が入ってこない業種もあるし、結構きついかもしれませんね。

稲刈り前の村に悪代官が年貢取り立てにやって来て、「年貢が払えるまで娘を預かっておくぞ」、「ひぇー、お代官様、それだけはお許しを!」・・・というシナリオでしょうか。

自営業だと連邦税、州税、そして物を売る商売の場合は売上税など年度の途中でも自分でいろいろ収めなくてはならずに大変ですよね。さらに最初の半年で半分の50%じゃなくて70%を払えとは。。。リファンドはIOUで払うくせに(笑)

Nobuさんレスありがとうございます。

そう、年貢前借するくせに、リファンドはIOU(笑)。

源泉徴収も10%多めに徴収して、でも正式増税はしてないので
来年4月にその分多めにリファンドするという約束・仕組みになってます。

今年も予算案の公式期限日が過ぎたので、またこれから秋にかけてサクラメントですったもんだしそうです。

コメントを追加