ブログ

モーゲージ以外の住宅費用っていくら?

家を買ったことのない私たちには、実際にどのくらいモーゲージ以外の住宅費用ってみんなどのくらい払っているのか知りません。

州によっても市によっても税金が違うし、気候によって家のスタイルも冷暖房も違いますもんね。
プールがあったり、緑の芝のキープにスプリンクラーをガンガン使うようなところもあれば、それよりも落ち葉の処理や雪かきがいそがしいところもあります。災害の多い場所に住めば、保険は高いだろうし、HOAだのコンドフィーだのも、住む場所によってかなり差があるようです。

みなさんは以下の費用、月平均するとだいたいどのくらいですか?

1) Property Tax
2) HOA/Condo fee
3) Insurance

ボストン郊外で平均的な家(評価額$400Kくらい)だったらこのくらいかな?(想像)

1) $350(年間でだいたい評価額の1%ちょっとくらいのところが多かったと思う)
2) $0(MAは一戸建てだとHOAとかあまりない)
3) $100(Flood Insuranceとか入っていたらもっと高いかな?)

コンドだと(評価額$300Kくらい)、

1) $250
2) $250
3) $50

程度かな?どうでしょう?

MISH'S Global Economic Trend Analysisというブログでこういう記事を読みました。

Trends in School Supplies; Reflections on Property Taxes

イリノイ州のある地域のある親によると、property taxを年間$10000も払っているのに、公立学校ではschool feeなるものを生徒一人につき$200かかり、さらに最近は資金難からか、クラスや先生に必要な紙や赤ペン、ティッシューまで親に要求していると。。。それでも市は子供1人に$11000もかけている計算になり、これは10年前の2倍。つまり、子供にお金がかかっているのではなくて、先生の給料と福利厚生にお金がかかってしまっているのでは?と。

コメントを見ると、うちも学校備品要求リストを渡された~という人がたくさんね。

この前NHKでね。今のアメリカの問題の特集シリーズやっていたのよ。医療改革や金融危機、人種問題などいろいろね。そこで、若い公立学校の先生が仕事を失って、食いつなぐのに必死な様子とかもやっていたけれどね。。。あまりユニオンなんかのことは扱ってなかった。

どうなのかしらね。。。結局のところ、こういった資金不足、誰が何を負担していくことになるのかしら?
これが例えば、Property Taxとかに来たらどうします?
住宅保有者にはすぐに大きな負担がかかり、賃貸者にも徐々に家賃値上げと言う形で負担が来ますよね。。。

皆さんの実感はどうですか?