掲示板

健康保険について

はじめまして。

健康保険のことでどうしていいのか分からないので,ここでお尋ねします。

実は,主人が9月末に解雇されました。それまではAetna HMOという保険に入っていまして、
copayも10ドルほどで大変いい保険で満足いました。主人は10年以上そこで働いていましたので
私どもも、保険ってこんな感じなのだと安心していました。しかし、突如の主人の解雇。

保険は、今年の12月までは今の主人のをつかうことができます。しかし、来年から
どうすればいいかわかりません。一度、コブラがいいということで、調べてましたら
なんと、毎月1500ドル以上払わなくてはいけないことが分かりました。凹みました。

今は主人の仕事も見つからない。私はパートで保険無し。子供は小学校の女児が一人おります。
カリフォルニア在住です。

健康保険をこれからどうしてよいかわからなくなりました。ネットで調べていてもなかなか
わかりません。私の印象としては、HMOは割高ななような気がしました。しかし、HMOが馴染み深く
今後も使いたく思っています。

どなたか、ご主人なりが解雇になり、保険のことでいろいろ経験された方、ここでお話を
うかがえないでしょうか。どんなことでもかまいません。アドバイスなどお願い申し上げます。

来年から、今まで何年もかかってきたお医者様を変えなくてはいけなくなる可能性もあるので
しょうね。本当に落ち込んでおります。

ご主人様の突然の状況、お察しいたします。自分の経験からではないのですが、一般的にはお子さんがいらっしゃることを考えると健康保険は確実にしておきたいですね。また、ご主人様の仕事が見つかって保険に入れることになっても、無保険の期間が長いとPreexisting Condition(既往症)がカバーされないなど問題が出てきます。

そこで高いとは思いますが、他にまったく選択肢が無い場合はCOBRAを続ける覚悟が必要かもしれません。もともとの保険がかなり良いものだったために会社が負担している保険料も高かったのでしょうね。

もうすでに考えているとは思いますが、可能性はこんな様なものがあると思います。

・同じ保険会社に個人で加入する
 個人で加入したらいくらになるか、CopayやCoinsuranceが高くてもいいから保険料が安いプランに加入できないか、HSAが利用可能なHigh Deductible Health Plansに加入できないか、などを聞いてみてはいかがでしょう。

・保険に加入できるパートを探す
 自己負担が高くてもいいから健康保険を提供しているパートを探すのも方法です。仮に100%自己負担であったとしても、グループ保険になるので個人で加入するよりも負担は低くなるかもしれません。

・保険エージェントに相談する
 個人で加入する場合のプランの内容と保険料を詳しく聞いてみてはどうでしょう。

・短期の保険もどきは避ける
 30日から最大で1年までをカバーする短期健康保険は避けたほうがいいでしょう。Preexisting Conditionがカバーされない、次の保険に加入したときに(正規の)健康保険に入っていた扱いにならないなど、問題点があります。

どなたか似たような経験のある方からの情報があればいいですね。

Nobuさま、

詳しいお話をしてくださって、大変感謝しております。やはり、コブラが確実なのでしょうね。

そうですか。やはり、保険に入っておかないと、新たな仕事のときに、Preexisting Condition(既往症)がカバーされないのですね。実は、私も主人もこの夏、ラッキーなことに様々な健康診断(大腸がん内視鏡も)を済ませたばかりで、なんというか、不幸中の幸いだったのですが、娘が2年前に「てんかん」と診断されました。年、1,2回の大発作です。現在はお医者様から、薬は無しで経過観察でいいと言われていますので、何も治療はしておりません。(既にMRや脳波検査は何度も行っています)

しかし、お話を伺い何が何でもと思いました。これから、いろいろ調べてみますが、カイザーのFree Quiteを見ましたら、Office visitが$30 after deductible.とかかれてました。家族では、$5450がdeductibleになっています。つまり、この金額を払いきらなければ、$30にはならないということでしょうか。それまでは、ずっとOffice visitは全額自己負担になると言うことでしょうか。

ネットで調べていても、凄く難しい説明で、私のような物には本当に理解するのが難しいです。
よろしくお願い申し上げます。

保険は会社やプランによってカバーの仕方が違うので、一概には言えないのですが、実はわたしも deductible の高い保険に入っています。それで、 deductible に達するまで保険からは何も払われないのかと思ったら、どうやらそうではないようです。今年はじめて医者にかかった場合(つまり、今年はまだ deductible に達していない)でも、例えば総額 $200 の office visit に対して、保険の支払い額が $60、自己負担 $140 といった感じでした。(実際の数字は覚えていませんが、だいたいこんな内訳だったと思います。)ですから、実際にどのような支払いになるのか、いろんなパターンを想定して、保険会社の担当の方に尋ねるのがよいと思います。

カリフォルニアならば、状況次第でお子さんはMedi-calもしくはHealthy Families Programに入れるんじゃないでしょうか。

Medi-CalはMedicaid(低所得者向け政府医療保険制度)のカリフォルニア版で、結構厳しい所得・資産制限があります。

それをクリアできない場合、Healthy Familiesは州経営の子供向け医療保険プログラムで、加入基準は緩め。保険料は所得で調整されます。

色々制限もあるので、それが良い選択かどうかは分かりませんが、切羽つまった時は少なくともお子さんの保険にはそういう方法がありますよってことだけ。

ご主人様の突然の解雇、辛いとは思いますが、家族で力を合わせて乗り切ってくださいね。

さて、保険のことですが、同じカリフォルニア在住の私の経験から。
私はフルタイムで働いていますが、ベネフィットに保険がありませんので個人加入です。
私が調べたところでは、Blue Shield、Blue Crossがネットワークに抱えているお医者さんも多く、
月々があまり高くありませんでした。もちろん、プランによります。

私は持病があり、定期的にお医者さんに会う必要があるし、薬を毎日飲まなければならないので
office visitが45ドルのプランにしました。このプランは年一回の健康診断もカバーしています。
月々の支払いは高い気がしますが、年間のトータルで計算すると以前に入っていた
high deductible(確か、7500ドルくらい)のプランより安く収まっています。

さしでがましいですが、こういうときだからこそ、健康が第一だと思います。
健康状態に心配がなければよいのですが、もし、懸念されることがあるのであれば
保険がないので適切な治療が受けられなかった、ということにならないように
対策されることが必要かと思います。
すべてがよい方向に行きますように願っています。

みなさま、暖かい御返事やお言葉を下さって本当に有り難うございます。

生まれて初めてこのような「保険が無くなるかもしれない」という危機感を
経験をして誰にも言えず、涙してました。日本にいたときには、まさかこんな
ことで悩むなんて思ってもいませんでした。「保険は当たり前」だなんて
ずっと思っていましたから、現実を把握するのにしばらく時間がかかりました。

みなさまのアドバイスをもう一度読み、充分検討して保険を買うことにします。

今は、中々仕事が決まらない主人の落ち込み方に,私もかなり気がめいっています。
主人が鬱にならないよう、明るい雰囲気を意識して作っていきます。娘のためにも。

明るい未来が来ることを信じて頑張りたく思っています。
本当に,本当にありがとうございました。

コメントを追加