ブログ

エネルギーや都市計画への影響

すでにCNNにこんなマップができました。

How close is your home to a nuclear power plant?

試しに向こうの実家のzipを入れてみると。。。
30miのところに38年経っている福島のと同じシステムのがあります。ボストンからでも40mi。
あんな津波が来る場所ではないですけれど、ハリケーンくらいは来ますよね。

さあ、こういった施設はどうなるでしょうね?
その周辺の住宅価格にはどう影響してくるでしょうね?

あまり心配しすぎも良くないですが、これを機会に災害リスクを考え直す人も多いことでしょう。
また、今回のことで、原発についてみんな勉強することになりました。

こういったリスクを伴う原発でいいのだろうか?
じゃあ火力でいいんだろうか?

被災地ではガソリン不足が問題です。
阪神淡路の時と違って、物資やボランティアが現地に入りにくいという問題があるようです。

私個人的には、以前から、スプロウル、大きな発電所と送電ロスの多い広範囲のグリッド、という形から、コンパクト化、renewable energyをもっと使って分散型に移行していくのがいいと思っています。

やはり、この問題はアメリカに帰った時の住まい探しや暮らし方の考慮に入れないといけないです。