ブログ

ピンポイントな住宅購入

マサチューセッツでだいたい住みたい場所が決まった我が家ですが、困ったことがあります。

というのは、住みたいエリアの売り出し物件が少ないのです。

MLSに載っているのは、価格帯を無視しても、一戸建てで売りに出ているのは5件。無視しないと3件です。
そのうち、これがもう少し安ければ理想に近いなあ、が1件。
まあこれだったらOKかなあ、が1件。
実際に見ていない時点でです。

しばらくこのエリアを観察していますが、物件はほとんど売れていません。
出ているのは、ずっと1年くらい載ったままのと、冬にいったん下ろして、今回の春に合わせてもう一度2ヶ月くらい前から出てきたものです。

もう5月。半分以上が$5000、$10000の値下げをしているのに、動いていません。寒い地域ですから、夏までに成約しないと、すぐ寒くなって売れなくなります。

Zillowのデータによると、過去1年で売れたのは9件です。しかも今売りに出ている価格と比較すると、かなり、30%くらい低い価格帯の物件ばかりです。
どういうことだろう?と思い、郡のLand Recordsを見ようとしましたが、なぜかこの市は見られませんでした。

REOや差し押さえもほとんど無く、あってもイマイチなコンドや本格的なボロ屋などで、あまり家族で住みたいと思える物件でないのですよね。私の想像では、MAの場合は差し押さえプロセスに異常に時間がかかるので、きっと初期段階のサブプライムな物件しか出てきていないのかなと。

不動産オークションみたいなところを見ても売りだし物件がありません。
For Sale By OwnerサイトのIsoldmyhouse.com(MAではこれをよく聞きますよね?)やCraigslistみたいなのでも、MLSとあまり変わらないし。

アメリカの他の地域では、普通のミドルクラスやそれ以上の地域でもあるでしょう?
だから、ニュースや他のブログで聞く話と、マサチューセッツの様子と、すごくギャップを感じます。

差し押さえを投資家が買ったとしたって、それなら転売物件があってもいいのに。
あちこち調べているけれど、ありません。

まあ言えることは、価格はどんどん下がっています。
部屋の内装からしても、年寄りの家ばかりです。
寒い地方ですから、家族向けの一戸建てを手離してフロリダやなんかの安いコンドに移りたい人が、ベビーブーマーのリタイアとともに今後増えると言われていますから、それも価格下落に拍車をかけます。

待ちに待った買い時だから、買うつもりではいますけれどね。
選べない!

エリアを広げればいいかとも思ったのですが、交通、学区、地域のビジネスや税金などの条件を合わせると、かなりピンポイントになってしまいます。
ニューイングランドに住んでいる人はたぶんわかると思うのですが、新興住宅街が広がっていて、どこどこまで何マイルっていう選び方をする地方とは違うんですよね。

だって村を選ぶ感じなんですもん。
で、その村の中で、こっち側とあっち側で選ぶ。
subdivisionだとかHOAって何?みたいな。

こういうとこでの家選び、いい買い物。
何か裏技はないですかねえ?