ブログ

本当にお金を使わずにクレジットカードのポイントを貯める方法

う〜ん、世の中にはこんなことを考えつく人もいるのか。

「クレジットカードでガソリンを買えば、ポイント2倍!」とかいろんなキャンペーンがあるけれど、どれもこれも基本的には自分のお金が出て行くことには変わりがない。ところがこの方法を使えば、合法的に、自分のお金を1セントも使わずにポイントを得ることができるという記事を見つけた。

その方法とは!

アメリカ人はなぜか1ドル札に愛着が強く、1ドル硬貨は何度導入されても定着しない。(なぜ1ドル札の人気が衰えないかというもっともらしい理由のうちで、いちばん笑えるのは、「exotic danceに行って踊り子さんにチップをあげるのに、1ドル札なら衣装に挟めるけれど、硬貨は挟めないから」というもの。Exotic danceがどういうものかご存知なければ、自分で調べてください。それにしてもチップ1ドルって、ちょっとあまりにケチくさくない?)それを憂えた議会が、1ドル硬貨の流通量を増やすために、2005年に「造幣局から直接1ドル硬貨を購入すれば、額面通りの値段で買える。」という法律を通したらしい。これはどういう意味かというと、1ドル硬貨を1000ドル分注文すれば、買い手にかかる費用は1000ドルぴったり、送料、手数料は税金で賄われ、買い手の負担にはならないということ。

そこで、造幣局に1ドル硬貨を注文し、クレジットカードで決済、郵送されてきた硬貨を銀行に持って行って預金、その預金で購入代金を支払う、という手順を繰り返すことによって、自分のお金は1セントも使わずにクレジットカードのポイントを稼ぐ方法が生み出された。(これは返品ではないから、クレジットカードを使ったことになる。)

ごく少数の人が何度も何度も繰り返して1ドル硬貨を注文するので不思議に思った造幣局が調査した結果、このような方法があることが判明したのだが、いちおう違法ではないので防ぎようがない。ただし元の法律の目的は1ドル硬貨の流通を増やすことであって、この方法では造幣局から発送された硬貨はすぐに銀行に戻って来てしまうので、市中の流通は増えない。いちおう造幣局は個人の一人あたりの購入額上限を10日ごとに1000ドルまでとすることで対処しているらしいが、元の法律が変わらないかぎり抜本的対策は無理とのこと。

いろんなことを考える人がいるのね。