掲示板

銀行でのIRA口座開設について

初心者で勉強中です。初めて投稿しますが、過去に似たような投稿がありましたら申し訳有りません。
質問は、vanguardなどのネットでのIRA口座と銀行にあるIRA口座開設は 
どのような違いがあるのでしょうか?
IRA口座を開設したいと思っているのですが 近所の銀行だったらなにかと便利かな、と思ってるのですが
そこは マネーマーケットなどもでき  お金にアクセスしやすい、と言っていたのですが
IRAはたしか59歳まで原則おろせなかったはず、と思いちょっと混乱してきました。
銀行と、vanguardなどの違いを教えていただけますでしょうか?あまり要領をえておりませんで、、とんちんかんな質問でしたらすみません。

銀行でもVanguardでも、IRAに適応されるルール(59歳半以前に引き出すと特例をのぞいてペナルティーがかかる等)は同じです。

でも、IRAの中のお金を運用する際の金融商品の選択肢が金融機関ごとに違います。

1.VanguardのIRAは同社のMutual Funds(投資信託)から選んで運用します。V社のMutual Fundsは、業界でも運用管理コストが非常に安いことで有名。

2.銀行のIRAの場合、銀行のオファーするMutual Fundsに加えて、FDIC政府保証の付いたCDやSaving Accountといった選択肢があります。銀行のオファーするMutual Fundsは運用管理コストが業界でもかなり高めのことが多いです。

3.銀行はブランチで係りの人とやり取りができます。場合により自称アドバイザーを名乗る人に相談することも出来ますが、多くは投資ブローカーなので(私の経験では)あまり信用できない。

4.Vangaurdはブランチが非常に少なく、電話・ネット・郵便などでやり取りすることになります。堅実・賢明な経営をしている会社だと思いますが、サービスは地味。

マネーマーケット・ファンドはどちらにもあるはずです。

私はV社に投資口座、IRA口座、Roth口座を持っているので、ちょっとひいき目に書いてるかもしれません。

非常にわかりやすい解説でどうもありがとうございます。
銀行のIRA、V社のIRAの 違い、よくわかりました。
実は銀行のコンサルタントと称して説明してくれた方がちょっと強引な感じで、印象がよくなかったので、彼の元で口座を開くのもなぁ、、と気になっていました。やはりオンラインで自分で口座開設するほうが気楽でいいな、と思ってきました。

コメントを追加