掲示板

W-4とRSUリリース時の天引き分について

初めて投稿させていただきます。
TurboTaxで2011年度のtax filingをしてる最中です。Returnどころか追加納税が必要とこのとで、それ自体は予想していたのですが、"underpayment penalty"というペナルティまで課されてしまうことがわかって、ちょっとガックリ来ています。それでW-4の給料天引き分を引き上げなければと思っているところなのですが、それについて質問があります。W-4で給料天引き分を増やした場合、RSUのリリースされる株数も影響を受けるのでしょうか。
今まで気にかけたことはなかったのですが、例えば一年ごとに500株がベストするようなケースで、今までは316株が実際にリリースされていました。この場合37%が所得扱いで株で天引きされていたことになると思います。この37%はW-4から決まっているのでしょうか? 言い換えると、W-4の天引き分を増やした場合、リリースされるRSUの株の割合が減るということになるのでしょうか?
以上よろしくお願いします。

私の理解だと変わらないと思います(間違っているかもしれません)。理由は37%という数字はEchikoさんのTax Bracketとお住まいの州(州によって所得税が違うので)、FICA(Social SecurityとMedicare)の合計だと思います。Tax Bracketは給与所得から会社が推測して決めているのだと思います。W-4を変えても(天引き分を増やしても)推測されるTax Bracketは変わらないので、37%も変わらず、リリースされる株数も変わらない、ということになるのではないかと思います。

会社が推測してTax Bracket決める時にW-4の天引き分も考えて課税所得を推測しているのなら、変わるかもしれません。でも、リリースされない分(納税される分)はいずれにせよピッタリではないので、そんな面倒な推測を会社がやっていると思えませんが。

もしどうしても気になるのであればHRやPayroll部門に聞くのが一番だと思います。

会社にもよりますが、RSUは、ボーナスと同じように源泉(Withhold)されることが多いです。

つまり、連邦所得税は25%($1ミリオンを超えたら35%にジャンプ)、それに州所得税がある場合はMandatory Minimum Rate, Social Security, Medicareといったものが引かれていきます。

なので、W4で微調整できるかどうかは分かりません(会社次第かも)。

どちらにせよ、会社のやる源泉は大まかなので、場合によっては、Quarterごとに課税所得や源泉額をチェックして、税金が払えているかどうか自分でチェックする必要があるかもしれません。もし払い足らない場合は、その年の残りのPaycheckからのWithholdingを増やすか、もしくはそのQuarterの締切日までにEstimated Tax Paymentをするかといった調整が必要になります。

面倒ですよね。

Nobuさん、ポピーさん、どうも丁寧な回答ありがとうございます。なるほど"37%"という数字にはそれなりの意味がありそうなのですね。念のため、ご助言に従ってPayrollセクションに聞いてみようと思います。恥ずかしながら、会社に聞く、ということは何故か考えに浮かびませんでした。

ちなみに、通常の給料の源泉徴収と同じで、リリースされるRSUの数が多少増えても減っても最終的には損も得もしないはず、ということは分かっているのですが、気持ち的にはRSUが多くリリースされた方が何となく得するような気になってしまうのは、幸い自社株の調子がいいからなのでしょう。自分の給料で自社株を買うということは、リスク分散の観点からもする気にはなれないのですが、最初から株でもらうとそれをついそのまま持って保持してしまうという、ちょっと論理的には矛盾した行動をしていると感じています。ここら辺りの「ロジックで割り切りにくいところ」が、投資の難しいところなのでしょうね。

コメントを追加