掲示板

「不幸の宝くじ?」について

不幸の宝くじ?に関する投稿です。
宝くじのチェックの日にちが2011年9月11日ですねえー。September 11とは、これまた不幸な! 24歳で二人の子持ち、その後二つの家(なぜ?)を持って、仕事が無いからという理由でフードスタンプもらって、約一年後には死亡。。。。うーん。

やっぱ、「毎年すこしずつもらう。」がいいですかね。。。 いっぺんにもらってFundにしても、なんや人がわらわら寄ってきそうだし。

そう、わたしも宝くじのチェックの日付に「あれま!」と思ったクチです。

賞金は普通、一括払いにするか、30年のアニュイティにするか選べるはずですが、アニュイティにしていても当選を聞きつけた親類縁者友人などがワラワラ寄ってきてタカるので、出費ばかりでキャッシュが足りず、それを狙って残額を一括払いで払ってくれる業者(もちろん手数料とかいろいろかかります)とやらがやってきて、残りを一括でもらう、というパターンも多いそうです。

宝くじは夢見てるうちが華、万が一当たってしまったら、断固anonymousで受け取ることを主張し、誰にも知られないようにする、くらいなもんでしょうかねえ。

州によってだったか、宝くじの種類によってだったか、匿名では受け取れない場合があったと思います。当たったらテレビとかに映って「当たりました!このお金で○○を買います!」みたいにうれしそうにして宣伝しないといけないような。

匿名では受け取れないこともあるのですね。もし当たったら、税金対策のためにも非営利法人を受取人にして、自分はそこの職員になって、などなど、ちゃんと準備はしているのですけど(笑)。

去年暮れの$254MillionのPowerballの時、コネチカット州のWealth Manager3人が当選者だと名乗り出たんですが、本当の当選者は彼らの顧客の一人で、3人はFront Manにしか過ぎないという噂がありましたよね(3人は断固否定してましたが・・・)。

あのとき、Wealth managerも宝くじ買うのかと変に感心した覚えがあります。宝くじってやっぱり庶民(47%か99%かは知りませんが)の楽しみ、というイメージがありますものね。当選くじを出した売り場にはボーナスが出るそうですから、彼らがフロントマンだったとしても、何らかの報酬(歩合制?一定料金?)は貰えらんでしょうね。

コメントを追加