ブログ

不動産評価額変更のお知らせ

昨日、County Assessor から郵便が来たので、きっとまたロクでないものだろうとドキドキしながら封を切ると、

「2013年度不動産評価額のお知らせ」

なんと!

現行の評価額(=5年前に買ったときの値段と同じ)より28%上がってる!

「評価額は、その年の1月1日にその物件を売ったとしたら、いくらで売れるかという推定価格です。」

バブルまっただ中の東西海岸エリアでもあるまいし、一年で28%も上がるわけないやん!

評価額は固定資産税計算の元になる数字なので、このままだと来年の固定資産税は今年より30%近く上がる恐れが!うちのエリアは固定資産税は評価額の2%を超えるので、冗談ではない。

わたしはZillowは全然信用してないけれど、いちおう念のためにZestimateと近所の最近の売値をチェックしてみたら、Zestimateではうちの家はわたしが買った値段より10%も上がっていない。しかし最近の近所の売値(あまり数は多くない)の傾向としては、Zestimateより高く売れている。とは言うものの、二軒先の家は半年ほど売りに出てたけど、結局売れず、差し押さえにあってるし、不動産市場がそれほど活気づいている形跡はないのだけれど。

「この評価額に異議がある場合は、ウェブサイトの情報に基づき、6月1日から7月1日の間にプロテストしてください。」

で、そのウェブサイトに行ってみたが、まだ情報がアップされていない。前回は、家を買った直後に買値よりも高い評価額を送ってきたので、売買契約のコピーを送って買値まで評価額を下げることに成功したのだが、今回は直近のアプレイザルは2年前のリファイナンスのときのもの。(実はこのアプレイザルは買値より低かった。ローン額低いから、関係ないけど。)多分一年以内のアプレイザルでないと無効だろうから、この際、アプレイザルしたほうがいいか?28%も固定資産税が上がったら、アプレイザル代など軽く超えるから。