ブログ

戦利品

店頭では夏物のシーズンはほとんど終わり、秋物はまだ出揃ってないという中途半端な時期だが、ちょっと服がいることになった。セールでものぞこうかと思っていたら、節約のプロ(=同居人)がGoodwillを強く推すので、行ってみることにした。GooddwillというのはSalvation Armyなどと同じく、タンスの肥やしになっている衣服やキッチン用品、要らなくなった家具などの寄付を受け付けて、状態の良いものを安く売り、社会事業の活動費用に充てる非営利団体である。この界隈、Goodwillの店舗は何軒もあるのだが、「プロ」が「あそこは良い品が出るし、ミドルクラス風の人がたくさん買い物してる」という店に行ってみた。

中は割りと広く、清潔。リサイクルショップにありがちな、埃っぽいニオイもしない。衣類は男性用、女性用、子供用とラックが並び、種類(上着、パンツ、スカート)ごとにほぼサイズに従ってひたすら並んでいる。普通の女性向け店舗なら、ブランド毎にターゲットが違うし、その中でもカジュアル、ビジネス、など、別々のコーナーに並んでいるが、ここはそういう飾りは一切取り外して、ただひたすら並べているだけ。逆に一箇所でカジュアルも外出用も選べるので、便利といえば便利。何しろ、どれもこれも3ドルとか5ドルとかの値札が付いているので、「あ、これ、ちょっといいかも」と思ったら、「どちらにしようかな」と悩まず「両方買う」という選択ができる。ちょっぴり金持ちになった気分(笑)。

で、戦利品。レジのお姉さんが「教員割引」というのをつけてくれたので、これ全部で25ドルしなかった。

IMG_0200

 

後ろ左から紺のGapの綿のパンツ。前の持ち主は裾直しをしようと試みて、やらないうちに手放したらしいので、裾を直さないといけない。

後ろ真ん中、Banana Republicの茶色ウールパンツ。これ、スーツの下半分なのだろうか、元はおそらくそれなりのお値段だったと思うが、付いていた値札は5ドルちょい。

後ろ右、夏物スカート。

前面左、ピンクのかばん。時々発作的にこういったショッキングピンクのものを衝動買いして後悔するのだけど、この値段なら大丈夫。これが一番高くて10ドル近くした。

前面右、スカーフ。

次はこのBanana Republicのパンツに合うジャケットを探しに行かんと。

(FI仲間のKayさんのコメントで、FIに吸い取ってもらえるように調整して再投稿した記事です)