掲示板

self directed IRA

いつもお勉強させていただいています。
self directed IRAとは、というIRAが、あるそうなのですが、
どのようなアカウントなにでしょうか。
詳しく教えていただけますでしょうか。
宜しくお願いいたします。

基本的にIRAはFederalかStateに登録された金融商品、端的に言えばStock、Bond、Mutual Fundに限定されています。
Self Directed IRA(SDIRA)はそういった制限が無いIRAアカウント・・・と言えます。
Real Estate (REITではなく物件そのもの)や私が記事に書いているLending Clubに代表されるP2P Lending(金貸し)、はてまたLLC等の企業体、それから希少金属(Goldとか)に投資することがTax Advantage Account内で出来るものになります。

ただし気を付けなくてはならないのはSelf Dealingに引っかからないようにしなくてはならないことです。それは法的に認められていません。
例えばRental PropertyをSDIRAで保有して自分ないしは自分と利害関係にある人物に貸す、などという事は出来ません。

また、資産保有そのものを自分で行うことはできず、かならずCustodianかTrustee経由でなくてはなりません。
そのCustodian/Trusteeは定期的にStatementを口座保有者に送る事が義務付けられています。

そして最大の問題はSDIRAは詐欺が多いことです。
SECも警告をいっぱい出しています。
もしmimiさんが単純な好奇心からSDIRAのことをお聞きになってるならばいいのですが、誰かから"SDIRAでコレを保有するとローリスクでリータンが大きく引退後の資産形成に良いです!"等の売り文句をお聞きになってる場合は気をつけましょう。
SECのAlert : http://www.sec.gov/investor/alerts/sdira.pdf

Self-directed IRAは基本的に大手の証券会社や銀行は扱っておらず、聞いたこともないような(わたしが無知なせいもありますが)custodianに委託することになるので、「本当にこの会社にお金を預けて大丈夫なのだろうか」という心配がチラリと頭をよぎります。あと、self-directed IRAを扱っているcustodianはかなり高額の口座維持料を取ることが多いです。

IRAの仕組みをよく理解し、その上で例えば賃貸物件をself-directed Roth IRA内で運営して無税で資産を築く、というのは魅力ある方法ですが、custodianの選択と、あと、普通のtaxable accountに比べるとお金を動かすのに少し時間がかかるという点が面倒なので、わたしはやったことがないです。

コメントを追加