掲示板

バーナンキ

たまたま、バーナンキの12/18のFRBのテーパリング決定の発表を生で見る機会があったのですが、すごかったですねー。発表中に株価はどんどん上がる。テーパリング決定で下がるというのが、大方の見方ではなかったのでしょうか?? その後も、超ビッグなクリスマスプレゼント、12/31までとんでもない株価上昇。引退の花道を完璧に飾った感じがあります。それどころかその後の方針もしっかり影響力を残していてます。

就任前には、日本の金融緩和の不十分さを的確に指摘しています(2001年ごろ?)。彼は何者だ? 何か面白いお話がありましたら教えてください。

テーパリングが始まって、しかも今後の大体の道筋を示して、うまくイエレンに引き継ぎができるようにした感じですね。今年、同じペースで減額していくのか、注目ですね。

コメントを追加