掲示板

年金 - 生存を証明する書類

まもなく年金を申請する年齢に近づくため、Webで申請に必要な書類について調べ始めました。 その中で、「居住する国の公的機関が発行した生存を証明する書類」について、どうすれば良いのか分からないので経験者の方にお尋ねします。

小生夫婦は受給資格を満たした後に米国籍に帰化したため、在米領事館での証明を受けることが出来ません。 ご承知のように米国では住民票に相当する公的書類も有りません。 運転免許証ではだめで、公証人の証明が良いとの情報も得たのですが、はっきりと分かりません。 自分の住所などを記した Affidavit を Public Notary を受け、その翻訳を添付することで良いのでしょうか。 「宣誓供述書」が住民票の代わりになることにも疑問にも感じます。 サンプルみたいな物も見つからず困っています。

皆さん、どうされた・どうされるのでしょうか。

年金用の証明そのものに関しては経験がありませんが、日本領事館は、一部の要件に関しては、日本国籍を放棄した人の手続きも扱っています。(日本国籍の親からの遺産相続に必要な証明など。)ですから、まずは在米領事館にお尋ねになってはいかがでしょう?

私は去年、特別支給の老齢厚生年金の手続きの為に、生存証明書作成いたしました。自分で、日本年金機構あてに、日本語と英語でどこどこの住所に何時から住んでいるというような内容を記載して、アカウントのある、銀行でノッタライズしてもらいました。

やっと60才 さん、体験談をありがとうございました。

駐米領事館の Web でも米国籍の場合は Notarized するように言っているので、やっと60才 さんの様に準備を進めたいと思います。

トピから外れますが、この次は Incomimg Wire Transfer Fee が安い米国銀行を探す予定です。 今の銀行だと $20 くらいかかるので、少ない年金がますます少なくなります。 年6回だとこの Fee も無視できないですね。

エンジニア様、

実は送金をCITI銀行にしていたら、インカミングワイヤ、
金額に係わらず10ドル引かれたため、無料で海外からの送金が受け取れる
クレジットユニオンに口座を開いて、減税送付銀行を日本年金機構に
送付したばかりです。主人がモトローラエンプロイークレジットユニオン、
MECUに既にに口座を持っており、オンラインで簡単に口座を開くことができました。ちなみにアメリカから海外、国内の別の銀行に
送金する場合は手数料が掛かるそうです。
メンバーフィーがいくらかしりませんが、それを払えば誰でも
口座を開くことができるようです。
キャピタルワン/元INGのオンラインの口座ももっているのですが、
海外からの送金は受け付けていないとのことでした。
私は国民年金基金の送金額、26ドルでもCITI銀行から
10ドル差し引かれていてせこいですが、少々がっくりしました。
それでなくても、ドル安でずいぶん目減りしている送金額でした。。。
この掲示板の下のほうに、どなたかが、大手の銀行ではなく
ローカルの銀行で手数料無料だと書かれています。
無料の銀行が見つかると良いですね。

やっと60才 さま

小生の場合も2ヶ月ごとに年金機構と企業年金連合会の2つから小額の振込みが有るので、当地の銀行手数料は無視できないですよね。

小生の会社のクレジットユニオンにも確認したところ、無料だと言っているのですが、SWIFT コードは無く、Routing Code とAccount # で良いと言っています。 日本の CitiBank から米国に Wire Transfer する場合は SWIFT を聞かれたことが無いのですが、SWIFT が無くても Transfer が完了するのか、気になります。

お使いのモトローラ エンプロイー クレジットユニオン への振込みに SWIF コードをお使いでしょうか?

質問ばかりで済みません。

エンジニア様、

MECUもラウティング番号とアカウント番号しかありませんが、海外からの振込み大丈夫だと記載されていました。企業年金は2月に振り込みある予定ですので、無事に振り込まれたら、お知らせいたします。

エンジニア様、

グッドニュースです。
クレジットユニオンのVOIDのパーソナルチェックを添付するのを忘れてたので、
まだ実際にはクレディットユニオンの私の口座に振込みはされていないのですが、
日本年金機構から、パーソナルチェックと、クレディットユニオン発行の口座名と
ラウト番号を記載したレターを送付するようにと、指示されました。
早速、クレジットユニオンのオフィスで出向いて、事情を話してレターを発行してもらいました。
ということで、日本の年金をクレジットユニオンへワイヤしてもらえそうです。
とりあえず、ご連絡まで。

やっと60才 さま

フォローアップの情報を ありがとうございます。 SWIFT コード無しで、
送金手続きが進みそうですね。 グッド・ニュースですね。

手続きを開始するまでに十分時間があるので、ゆっくりとリサーチを続けています。

調べたところ、SWIFTは国際送金ネットワークの一つで、ヨーロッパが中心の
ようです。 米国の銀行も欧州からの送金手続きを円滑にするために SWIFT
コードを持っているところも有るようです。

推測の域ですが、日本のシティ・バンクは米国の CitiBank に送金して、
そこから ABA#(Routing#)で米国内の銀行に送金してくるみたいです。
(米国の CitiBank の介在は、送金記録には出てきません。)

Bank of America とか 高額な バランスを保つことにより、Incoming
Wire Transfer Fee が免除されるところも有るようです。 もう、しばらく
Credit Union を含めて検討を続けます。

エンジニア様、

今日、厚生年金が送金されたと郵便が来ました。
クレジットユニオンは日本の年金の送付先として大丈夫です!

東京の私が最後に働いた区域を管轄する社会保険事務所の方は本当に親切でした。
メールでのやり取りができたので、手続きについての質問にすぐ返事がきていたので、
非常に助かりました。

お知らせまで。

やっと60才 様

良いニュースをお知らせいただき有り難うございました。
仕事が忙しかったので調べるのを中断していましたが、クレジットユニオンを
含めて検討したいと思います。

エンジニア様、

たいしたことではないのですが、年金の支払い回数が分かりましたので、参考までにお知らせしておきます。
企業年金連合会は年額6万円以内は年一回、国民年金基金は12万円未満が年一回の支払いだそうです。
実は去年の12月にCITIBANKに支払いがあって、その後クレジットユニオンに変更したのですが、送金がなく
各WEBから質問したところ、そのような説明がありました。

コメントを追加