ブログ

車輌登録

ネブラスカでは車輌登録の更新は年1回。これまでは郵送でやっていたのだけど、今年は更新お知らせに返信用封筒すら同封されていなかったので、これはオンラインでやらせようという趣旨なのだろうと思ってオンラインで更新してみた。

ちなみにこのお知らせによると、更新するには

  1. オンライン
  2. Department of Motor Vehicleのオフィスに出向く
  3. 郵送

の3つのオプションがある。

登録更新に際しては、その車が州の定めた最低限の保険に入っていることを証明しないといけないので、2の場合は保険の証書を持参、3の場合は証書(原本を送らないといけない。コピー不可。)を同封して郵送しないといけない。いつも思うのだけど、証書を郵送して手元にない間に事故を起こしたり、スピード違反で警察につかまったりしたら、どうなるのかしらね。保険には入っていても、手元に証書がないと、無駄な嫌がらせ・時間の無駄に会うような気がするのだけど。そういうことを気にしないのがアメリカンクオリティか。

ところが!

そこまで保険の証書の原本にこだわるくせに、オンラインで更新すると「あなたの登録番号から自動的に保険を調べます」、つまり、保険の番号も何も示す必要がない!どうして家のコンピュータからオンライン更新するとアクセスできる保険の情報に、DMVのオフィスや郵送先の処理施設ではアクセスできないのか?これは一体、何の嫌がらせなんだ?

こうして見ると、オンライン更新はいいことづくめのように見えるでしょう?ところがどっこい!

こちらが入力した更新情報が無事アクセプトされると、料金お支払いのために別のサイトに飛ばされる。それはまあいいのだけど、なんとそこで初めて、オンラインだと更新料に手数料が上乗せされることが明らかにされる!「銀行口座からの直接引き落としならこの値段(こちらの方がお安くなっております)、クレジットカードならこの値段。」

結局、更新料に加えて1%の手数料を取られる羽目に。まあ、DMVに行く時間の無駄を考えれば、損したことにはならないのだろうけど、オンライン更新すれば手数料を取るぞ、と最初からもうちょっとはっきり書くべきじゃないんだろうか?(もしかしたら最初のページのどこかに書いてあったのかもしれないけど、目立つように書いてもらわなきゃ、誰がケシ粒にたいなdisclaimerを読むものか。)