掲示板

「ESPPデビュー記録: 追々記」について

ESPPデビュー記録: 追々記に関する投稿です。

TaxCutではどうだか分かりませんが、TurboTaxでは1099-Bの入力直後は2重課税状態になってしまうので、注意が必要でした。毎年、入力の方法が少しずつ変わるのも面倒ですが、法律も変わるので仕方がないのかもしれません。

私も日本で所謂外資系会社で働いていた時のESPPがまだ残ってたりします。
日本での確定申告が面倒だったので売らずに放置し、こっち来て会社移ってから処分しているのですが、ある理由でbrokerage transferしたため、すごおおおおおく面倒くさい事になっています(笑

まあoffering時は会社が微妙に低迷しかけてた時で、その後復調したため購入時価格から非常に大きく育ってる上に配当もあるので保持しててよかったと思わなくも無いですが、とにかく面倒くさい(笑

broker移さなければよかった、というかStockOptionからRSUに切り替わった時に強制的に日本において為替を加味した確定申告をさせられてたのでついでにESPPも処分してしまえばよかった・・・等など後悔しまくりですが、そもそもUSのTax制度が複雑怪奇すぎなのが問題ですよね。

ガツンとシンプルに切り替えて欲しいものですが、あちらを立てればこちらが立たずのstakeholderだらけの世界なので致し方ないのですかねえ。

Nobuさん: とりあえず私も自力で思い出して自力入力する覚悟はしています。が、こういう変更に毎年対応するからこそ顧客側も毎年お金を払ってるわけですし(といっても私は基本的に無料版だけ使うありがたかくない客ですが…)、制度側がmandatory化したこともあるので何かしらの対応を期待したいところです。

通りすがりさん: USのTax制度の複雑怪奇さにはほんと困ります。オバマさんが以前tax codeを簡素化するとかいう約束をしてたような記憶があるのですが、この政治状況では実現はまったく望み薄でしょうね。複雑怪奇さのおかげでブログのネタには事欠かない感じですが(本末転倒:)

コメントを追加