掲示板

Vanguardから日本への送金

この掲示板でVanguardからなら無料で海外送金が出来ると聞いたので自分でもやってみようと思っているのですが、コルレス銀行をどう指定して良いのかが分からず、出来てません。どなたか「こうすれば調べられるよ」というのをご存知の方いらっしゃいませんか?

Vanguardから三井住友への送金なんですが、三井住友のカスタマーサービスでは分からず、自分が口座を持っている支店に聞いてみてくださいとのこと。支店に電話してみたら、普通は送金する側(今回はVanguard)が選ぶものとのこと。それでも食い下がって調べてもらって2日後に電話をもらったけど、やはり同じ答えでした。

Vanguardのカスタマーサービスにも電話しましたが分からないとのこと。単に申込用紙のPDFに書いてあることを読むだけで、全く分かってない様子。

U.S. ドルで送らず、日本円に変えてから送る場合はコルレス銀行の指定は要らないようなのですが、そうすると三井住友側で受け取る際に被仕向送金手数料1500円に加えて(これはU.S. ドルでも日本円でも掛かる)、円為替取扱手数料が2500円掛かるとのこと(500万円を超える場合は受取額の0.05%)。

コルレス銀行が分からないためにVanguardからの送金を諦めようかと思ってますが、三井住友自体がコルレスである(あるいはなれる)という記述もあるのですが、具体的にどうという部分がなく、恐らく日本の三井住友のSWIFTをそのまま指定しても(つまり、コルレスも受取銀行も同じでは)ダメではないかと思ってます。また、送金はできるけれどもコルレス銀行に手数料を多く取られてしまっては意味が無いので、悩んでいます。

なお、Vanguardから円で送るとしたら「HSBCのPosted Rate」で両替されるとのこと。これもどこを見れば良いのかよく分からず、Vanguardのカスタマーサービス、こういったことでは使えないな、と感じました。

私自身経験がないのでかなり怪しいですが、たとえばSMBC自身がヨーロッパ支店への送金のために公開している情報からすると、SMBCのNY支店は他国の支店にとってのUSドルのコルレス銀行になっているように見えます。

ここを指定して試しに送ってみるか、万全を期すならこのNY支店に問い合わせてみるというのはいかがでしょうか。

jinmeiさん、ありがとうございます。なるほど、SMBCのNew Yorkに聞けば良いのか!と思って電話したら、何と全く違う方法(!?)を言われたのでさらに混乱してます。SMBCはNew YorkのCitibankに口座があって、そこにWire Transferしてくださいとのこと。つまり、その時点では国際送金ではないので、SWIFTなどではなく、Routing Number + Account Number で送るそうです。備考として自分が送りたい三井住友のSWIFT、支店番号、口座番号を書いておけばそこに転送する、とのことでした。Vanguardから送るとしても、国際送金扱いではなく、単に米国内のCitibankの口座に送るだけという扱いのようです。

本当にそんな方法でうまく送れるかとんでもなく不安なのと、手数料も「分からない」とのことで、今回はVanguard -> 三井住友は諦めムードです。それか諦めて円で送ってみるかですね。国際送金、本当に難しいですね。

この説明からすると、日本のSMBCがCitibank NYにUSドルのコルレス口座を持っているということのように見えますね。

アメリカ国内からUSドルを送金しようとしている場合なので、最初のステップはアメリカ国内の銀行間のwire transfer(Vanguardが使ってる銀行からSMBCのコルレス銀行=Citi)のはずで、そのためにrouting numberを情報として提供する、というのは妥当なように思います。検索して出てくるVanguardの送金フォームを見ると"US correspondent bank information"のところにはなぜかSWIFTコードを書くようになっていて、それがなぜrouting numberでないのかはよくわかりませんが、原理的には正確なSWIFTがわかればrouting number等のアメリカ国内transferに必要な情報もわかるはずですから、Vanguard側で処理してくれるということなのではないかと想像します。

なので、上記のフォームの場合で、U.S. correspondent bank欄はCitiとそのNY支店のswift、foreign bank informationには日本のSMBCの情報と口座番号その他を書く、というので筋は通ってそうですが、実際に送る立場になると確信が持てなくて躊躇してしまいそうですね。どなたか実際に送った方の実例などが共有できるといいのですが…

見当はずれかもしれませんが、私の持っている情報ではThe name of your U.S. correspondent bank (used by your foreign banking institution)、とあり、この場合三井住友のU.S. correspondent bankと読めます。

以下、V社がくれたメールの一部を貼り付けます。
---------
Before requesting the wire, you must provide us with certain information.
Please contact us at the phone number below to request our International
Wire Option Form.

* The name of your U.S. correspondent bank (used by your foreign banking
institution).
* The U.S. correspondent bank's ABA number or SWIFT code (an international
ABA number that consists of both letters and numbers).
* The name of your foreign bank.
* The foreign bank's SWIFT code.
* The foreign bank's account number (also known as the IBAN).
* The foreign bank's phone number.
* Your account number at the foreign bank.
* Your account registration as it's listed at the foreign bank (names
exactly as they appear on the account).
* Your zip code/postal code and the last four digits of your Social
Security number.
* The signatures of all account owners.

Please check with your foreign bank to find out if it will accept U.S.
dollars. If you'd like to receive your assets in foreign currency, you
don't need to provide the first two items in the list above (i.e., U.S.
correspondent bank's name or ABA number/SWIFT code).

We require the guaranteed signature(s) of all account owners. You can
obtain a signature guarantee from an officer of a bank, a trust company, or
a member of a U.S. stock exchange. (A notary public can't provide a
signature guarantee.) To be valid, a signature guarantee must include the
words "Signature Guaranteed," be signed by the guarantor, and indicate his
or her title and position. It must also show the name of the institution
issuing the guarantee.

お二人ともさらに詳しい情報、ありがとうございます。うーん、まぁ、この掲示板のネタとして試してみても良いんですが(笑)。Signature Guranteeまで必要となると、その手間を考えれば、もう諦めてBofAに手数料払って送金してもらいます。BofAならうまくいくことは分かっているし、手数料は高いけど、Vanguard経由で送ってもコルレスで取られるかもしれないし、最終的には数ドルを節約するために時間を掛けてGuaranteeもらいに出かけるのも意味無いですし。。。

でも、みなさんのお陰で少し送金の仕組みが分かりました。ありがとうございました。

コメントを追加