掲示板

CITI bankからSMBC信託銀行に変わったことについて

NOBUさん、また色んな情報を提供してくださる皆さま、いつも勉強させていただき、
ありがとうございます。

FBARについてなのですが、CITIバンクに口座がある為、報告をしているのですが、
昨年2015の途中でにCITIバンクからSMBC信託にかわりましたよね。
この場合、FBAR書類の銀行の名称や住所にはどのように書いていらっしゃいますか?
同じアカウント番号だけど、2015年の途中で銀行の名称が変わったし、計算書の名前も変わりましたので、どうすべきか悩んでます。 CITIバンクに口座を持っていられる方もも少なくないと思い、
アドバイスを頂けたら助かります。

また、FBARの締め切りが変わるとどこかでよみましたが、来年の提出時からと解釈しているのですが、今年はまだ、いつも通り、6月30日ですよね。 

あまり深く考えてませんが、新しい銀行名、住所で良いのではないでしょうか?古いのを書いても(仮に誰か連絡しようと思っても)意味がありませんから。敢えて書くならカッコ書きで(Formerly Citibank)とかでしょうか?

(以下、修正あり)
Due Dateですが、公式に2016年まではと断って書いてあるページが見つかりませんでしたが、実際の画面に行ったら今も6月30日までと書いてあるので、今年は大丈夫でしょう。

NOBUさん
お忙しいところ早速アドバイスありがとうございます。
そうですよね、それ程深く考えることはないのですね。
(Formerly Citibank)というやり方でやってみようと思います。
FBARがやたら厳しいようなので、つい神経質なってしまいます。
頭のいい方はこうして、ロジカルに考えれば、”ふるいのを書いても意味がない”と
気が付くのに、ロジカルに考えられないとこうして、無意味な心配をしてしまうのでしょうね。恥ずかしいです。

締め切りについても、自分で確認すればいい事なのに、つい甘えてしまい
お手数をかけました。 なんか、NOBUさんやここの常連の知識人の方々に
確認することで、安心してしまうようです。 申し訳ございません。

実はUFJ銀行の定期預金が満期になり解約したため、2ドルくらい利息の計算書が届いたので、その旨主人に言ったら、UFJ Bankと略名でTax Returnに報告してしまいました。
FBARにはMitubushi-Tokyo UFJ..と正式名でかいているので、不一致でAuditになってしまうと
夫をせめてケンカになってしまいました。

コメントを追加