掲示板

「日米租税条約と属人主義課税」について

日米租税条約と属人主義課税に関する投稿です。

前に働いていた会社で「日本で働くきはある?」と聞かれたことがありました。その時は税金のことまで考えませんでした。永住権で駐在(逆駐在?)するとかなり面倒な状況になるんですね。

今回書いた内容が本当に正しいかは怪しい気もするのですが、少なくともこういう機会が提示されたら注意して確認したほうがよさそうというのがわかったのは収穫でした。ただ、籍をアメリカにおいたまま日本に逆駐在のような形で働く場合なら、tie break条項によって条約上もアメリカ居住者として(のみ)扱われることになる可能性もありそうです。もしそうなると、税制の理論上はそれほど不利にならずに済むのかもしれません。実務上は、日本に住んでいれば日本の銀行との取引なども頻繁にあるでしょうし、その利子の扱いなどでいろいろ面倒なことはありそうですが…

まぁ、逆駐在で都心の高級マンションに部屋を借りてもらって、手当もいっぱい貰えるなら、ちょっとの税金くらい良いかもしれません(笑)

コメントを追加