掲示板

「401(k) True Up(がないこと)の罠に嵌まる」について

401(k) True Up(がないこと)の罠に嵌まるに関する投稿です。

私の会社でもカンパニーマッチがありますが、当初はfidelityの401kでしたがオンラインツールにcompany match maximizer というのがありました。
最初はそのツールで見て全体にならすように拠出パーセンテージを計算していました。
途中からafter taxの拠出も始めたので計算が複雑になり、今ではエクセルシートで管理して年数回調整しています。
特にボーナスや昇給があった時などは再計算し、損の出ないようにしています。
私の場合は年始からはまずafter taxの上限まで拠出をしてRoth IRAへのロールオーバーをしてから、pretaxの上限までを均等に拠出しています。
早めに上限まで貯めてしまうというのはcompany matchもありますので考えたことはありませんでした。
jinmeiさんの記事を読んでこれからはcompany match分だけ残しながら早めに拠出してしまうという方法もあると勉強になりました。
私の会社には残念ながらTrue Upはないので今後も引き続き拠出パーセンテージの調整は必要になると思います。

Company Matchが満額もらえない状態、前の会社で経験しました。満額でもらうにはその年の最後のPay Checkまでうまく均等に拠出しなければならないのは大変ですよね。会社によっては拠出金額の変更がすぐに反映されないところもあるので、計算やタイミングを計らうのは更に難しくなってしまいますね。

今の会社ではマッチは1年に一回、前年に拠出した金額を元に翌年にまとめて振り込まれます。True Upと同じ効果で確実に満額がもらえますが、マッチが年に1回で後からというのがイマイチです。。。

mikichinさん:

> 私の会社でもカンパニーマッチがありますが、当初はfidelityの401kでしたがオンラインツールにcompany match maximizer というのがありました。

これを見て、もしかして私の会社のプランでもこういうツールが提供されていたのかもと思って確認してみましたが、どうもその類のツールはなさそうでした。ツールがあったとしても均等割に近い拠出方法になるのでしょうから、いずれにしても手計算でさらに最適化をはかりたくなった可能性はありますが、もしそういう補助があればもらい損ねが生じていたことにはもっと早く気づけていたかもしれません…

Nobuさん:

> Company Matchが満額もらえない状態、前の会社で経験しました。満額でもらうにはその年の最後のPay Checkまでうまく均等に拠出しなければならないのは大変ですよね。

私だけではないと知って少し安心しました:-) まあ私のようにかなり損しているのと違って年末分の1,2回程度を逃しているだけならほとんど誤差かもしれないですが、blog本文にも書いたように完璧に満額もらうのは実は案外難しいのかもしれないですね。

こういったことも考えたほうが良いのかという気づかせてもらいました。
投稿どうもありがとうございます。
毎年 ちょっと早めに上限に達していたようなので来年は Contributionの率を少し
少なめに調整してみようかと思います。

コメントを追加