掲示板

「海外在住者とマイナンバー 2016年」について

海外在住者とマイナンバー 2016年に関する投稿です。

内閣府の発表は裏を返せば、「日本→海外の送金はそのうちできなくなる可能性がある」
ということになりますね。

マイナンバー導入の本来の目的は、国民資産の捕捉と適切な課税ですから、
日本の資産がマイナンバーの紐付けなしに海外に流出したのでは本来の目的が果たせません。
従って今後も海外在留邦人にマイナンバーが付与されないのであれば、
日本から海外への送金は困難になりそうです。

「海外から日本」と「日本から海外」では別に考える必要がありそうです。

送金で逆の流れだと、たしかにマイナンバーで補足できなければ意味がなくなってしまいますよね。昔は送金するときに100万円以上だと理由を聞かれたような気がしますが、あれでは補足にならないでしょう。

問題になるのはマイナンバー発効時に既に海外にいて、日本から送金の必要のある人だと思います。海外で暮らしているけど年金は日本の銀行で受け取っている人とか、それなりの数がいそうなんですが、どうなるでしょう。在外公館で申請すればマイナンバーがもらえるとか、制度が出来れば良いのですが。。。

アメリカ在住、日本に銀行口座があり2016年8月に帰省した時、アメリカにある自分の口座に送金の際
マイナンバーがないためできませんでした。送金は通常郵便局でしていましたが、、、。
局員から家族のマイナンバーを使うように言われましたが、不幸にも私の家族はすでに他界していて頼めず。
自分のお金なのにとなんて理不尽なんだと。仕方なく友人に同行してもらい友人のマイナンバー使い送金を済ませました。
大手銀行がないので、オンラインの海外送金はできないしわざわざ日本に帰国して、他人のマイナンバーをかりて送金?
困ったものです。 

海外在住者のマイナンバーはそのうち付番されると良いですね。

総領事館関係の方によると、導入時にパスポートで紐付けというのも
検討されたそうですが、没になったようです。
本来であれば在留届と紐付けるのが一番辻褄が合いそうです。

また2002年時点で日本に住民票がない場合はシステム的も問題になる
という話も別のところで読みました。

コメントを追加