掲示板

定年後にロールオーバーしたIRAからROTHにお金を移すのは無駄でしょうか。

件名のとおりですが、今年の3月、仕事を退職して会社の401Kをロールオーバーしました。
移動したIRAからROTHにお金を移動すると、1099で収入になりますが、将来のことを考えて、
すこしづつ移したいと思っているのですが、若い人とか、所得税を手持ちのお金で払えるなら
価値があるけれど、既に定年していて、所得税を別に払えるほどお金に余裕が無い場合は
意味がないでしょうか。
12%のタックスブラケットの77K以内で、SS年金とIRAからのお金を引き出していく予定ですが、
ROTHから引き出すと所得税払っているので所得税を気にせずにお金をおろせるのでは、と、
単純に考えているのですが、いまいち自信がありません。

一般的に言えば、所得の少ない年にtraditionalからRothにコンバートするのは有効だというのが私の理解です。コンバートに伴う税金は相対的に低くて済むでしょうし、今後それなりの期間運用を続ける見込みがあるのなら、これからのearning分が非課税になる点や、すでに70歳も近づいていることを考えればRequired Minimum Distributionの縛りがなくなる点でも有利です。

ただし、

> 若い人とか、所得税を手持ちのお金で払えるなら価値があるけれど、既に定年していて、所得税を別に払えるほどお金に余裕が無い場合は意味がないでしょうか。

もしコンバートのために生じる税金を払えるだけの現金のあてがないのだとすると確かに微妙ですね。多少でも余裕の現金があるのなら、それでまかなえる範囲だけコンバートするというのも一つの手かと思います。あるいは、IRAから引き出して現金を作って(それ自体にも税金がかかりますが)、コンバート分の税金もそれで払うという手もあるでしょう。ただ、上記のような利点がそのコストに見合うかどうかは、個々人の細かい状況を勘案した上で具体的に計算をしてみないと何とも言えないような気はします。

Jinmei様、

コメント有難うございます、やっぱり、そうですよね。。。
今年はとりあえず節約してみて、来年から所得税を別途に支払える金額に見合った額を
ROTHにコンバートしようと思います。

コメントを追加