ブログ

なんでアメリカが世界一の国かさっぱりわからん その14 税金書類行方不明

このシリーズも、よく続くものである。もちろんありえない話がアメリカにはいっぱいあるからだが。 しかし、なぜ「身をもって」習わないといけないのだ?この前税理士さんに作ってもらった税金の書類を○SPSで送った。 Federal(連邦政府)のとState(州)のやつである。一応Tracking(追跡サービス)機能つきのCertified Mailで郵送するようにしてもらったのだが。Yahoo辞書によると、certified mailは「(損害賠償をしない)配達証明郵便」らしい。州のほうはすぐ着いたのに、FederalのほうがAcceptance(受け取り)から更新されない。Federalのほうの税金書類の送り先は、他の州ではなく、私の住んでいるマサチューセッツ州内。送ったのは3月3日(火)。今日は3月9日(月)。どこにやったねん!(怒)○SPSのTracking機能はFedExと比べても結構適当である。 Acceptance, March 03, 2009, 9:39 am, 住所 (書類の受け取り) Arrival at Unit, March 04, 2009, 10:22 am, 住所 (書類の到着) Delivered, March 04, 2009, 11:48 am, 住所 (書類の配達) もうちょっと、きちんとしたTracking機能をつけてよね! 「税金書類がベルトコンベアーに引っかかってぼろぼろになり、それで1ヶ月後についた」とか、そんなホラー話で税理士さんに脅されていたが、本当にそうかも。 それとも間違って誰かに送られた? それとも、1週間後もまだ同じ○SPSの支店にいるとか? しっかし、こういう時はどうするんだー。 Payroll department(給料くれるところ)に連絡してW-2をまた取り寄せて、税理士さんにまた書類をお願いしてー。 それ以前に○SPSに文句言いに行くけど。考えるだけでうんざり! 今日の教訓 今度からはFedExにするし!