ブログ

保険の値上がり

Home owner’s insurance の renewal notice を見てびっくりしました。

本当なら去年のリニューアルのときにびっくりするべきだったのでしょうが、去年の50%近い値上がりに加えて、今年、また20%以上の値上がり。去年あれだけ上がったのだから今年はもうほとんど上がらないだろうと高をくくっていただけに、ショックは大きいです。

去年(2008年)の夏は悪天候つづきで、中西部は何度もトルネードに見舞われました。うちも暴風で屋根の一部や外壁に被害を受けました。近所には屋根の上に大きな木の枝が落ちて、屋根が崩れてしまった家も何軒もありましたから、それに比べると被害は少なかった方ですが、それでも何千ドルかの保険金を受け取りました。

こういうのはダメで元々と思って保険のエージェントのおばさんに電話をしてみたら、やはり2008年の一連の暴風でこの地域がハイリスク地域になっていること、それに加えて市場の暴落で保険会社のリザーブ資金が減っているため、会社側としてはそれを是正しないとならないこと、この二つの要因があいまって保険料金が二年続けて大きく値上がりしたとのことでした。

本来ならいくつかの保険会社に問い合わせて値段を比較すべきなのでしょうが、去年の夏うちが被害を受けたとき、この保険会社の応対は非常にスムースで支払いも早かったとこを考えると、ここで会社を変えて、保険料は安くなったもののいざというときの支払いを渋られるというのも困るので、今回はこのまま同じ会社で続けることにしました。

あとは property tax が大きく値上がりしないことを祈るばかりです。