掲示板

CDに代わる貯蓄手段

NY在住で、米国の銀行(BofA)のCDやMoney Market Savingsに入れておりますが、最近皆さんが書かれているように日本の金利と見間違うような金利で悲しくなります。確かにこれでは実質的な目減りですね。さりとて10年とか20年とかの長期に預けることは難しいですし、「生兵法は怪我の元」でもあり、いろいろな投資や金融商品へ手を出すのは抵抗があります。
ということで、CDに代わる貯蓄手段というのはありますでしょうか?
条件としては
(1)数ヶ月から数年で、任意のときでなくてもかまわないが、たとえば半年や一年で現金化できること。(流動性を担保できること)
(2)日常のメンテナンスに手間がかからないこと
(3)元本保証であること
(4)金利は現状のCDの1%以下のようなことでなければ、低いことはやむをえない。もともと投機的な要素は無い。
「ずぼらにしていて利子がつくような話はない」といわれてしまうかもしれませんが、どなたかアドバイスをいただければと思います。

元本保証というのをどのくらい文字通り捉えるかで変わってくると思います。銀行のCDと同様に絶対確実な保証を求めるのなら、米国債しかないでしょう。

Savings Bonds(個人向け米国債)ならSeries EEが1.20%で固定金利なのでCDの代わりとなりえます。1年間は引き出しが出来ませんが、その後はいつでも換金自由(5年未満の場合は3か月分の利息が引かれますが)。I Bondsは3.36%と今の利率は高いですがインフレに応じて変動するので、必ずしも良い利率になるとは限りません。

Treasury Notes(10年以下の米国債)なら2年物よりも長い期間なら1%を超える利率のようです。

http://www.treasurydirect.gov/RI/OFNtebnd

TreasuryDirect.gov では、満期まで保有するなら手数料は掛かりません。途中で売る場合は$45の手数料が掛かります。流動性は担保できますが、満期前に売る場合は元本割れもありえます。

元本保証だけれども、少しはリスクを取って構わない、ということなら地方債(Municipal Bonds)なども対象になるでしょう。保険をつけておけばリスクも減らせます。ただ、購入に際しては手数料が掛かるのと、「正しい価格」で買うにはある程度知識が必要のようですから、CDのお手軽さは無いですね。

今年家を買いたいので私にもCDはあまり魅力はありませんし、現時点投資はIRAの上限だけに決めています。

もしCOSTCOの会員なら、CapitalOne Online Savingというのがあり、$5000以上で現在1.65%APYでしかもボーナスがもらえます。NYにはあまり店舗はないのでしょうか。http://www.capitalone.com/directbanking/offers/costco/interest-plus-onli...

非常に細かく面倒ではありますが、いくつもReward Checking Accountで「あたかも仕事のように」ガソリンスタンドでデビットカードを使って毎月500ドルぐらいの利子をせこく稼いでいますが、これにも慣れてきますよ(笑)去年の今頃は5%以上あった利子も最近は4%程度になっているのが悲しいところです。私はカリフォルニアで車での移動が多く、通勤途中のガソリンスタンドに週数回立ち寄るだけでこなせます。忘れないこつとしては回数記入(正の字を書いています)用にシールを貼っておき、そうしたATMカードがいまは7枚もあります。最初は笑っていたオットも、「月$500の利子だよ」というとさすがに黙りました。

MONICAさんは7枚もReward checkingのATMカードを持っているのですか!すごいですね!理屈抜きで尊敬に値します。
私は最近1つだけReward checkingを開きましたが、月10回のATMカードでの買い物が既に苦痛です。
できるだけ1回1ドル前後に留めて最大限に利子を稼ごうとしていますが、そのために普段はあまり使わないファストフードやコーヒーの買い物を浴するようになりました。
しかも$25Kの上限が辛いので、上限が無いところに開きました。
CDが6%だった時代に戻ってほしいものです。

私はその他、5%以上のinstallment savingをいくつもの銀行を掛け持ちで開き、CD ladderingのようにしています。いくつかは子供とjointで、kiddy taxにかからない範囲で($2000以下でしたか)節税しています。
それが精一杯です。

お恥ずかしいです。
私もはじめはCheckFinder.comで見つけた6%のReward Checking Accountひとつからスタートしたのです(それも今は4%に下がりました)ここ1年で通常のCDやセービング口座の利率が下がり、満期になっても預け続けたいと思える銀行はない、投資は控えたい事情があるため徐々に増えて7つの銀行やクレジットユニオンとおつきあいするようになったというわけです。ちょうどワシントンミューチュアルのCDが満期になってころリストラとなり、しばらくサラリーのある仕事ができなくてその分時間があった、ということもありますが。

それにしてもカードが7枚もあるので、使用しなくてはいけない回数はとても多くなってしまいます。基本的に1ドル以下のガソリン、スタバのコーヒー、スーパーの無人レジ、パーキングなどで、必ずメモ。これは「仕事」と割り切って計画的にかつ他のお客さんに迷惑のかからないようにと心がけています。

こんな記事もありました。http://bankdeals.blogspot.com/2009/01/how-is-5-checking-possible-math-be...
上限まで入れて、そのうえできるだけ一度に使う金額を抑えないと、利子より多く使うことになってしまいます。時間と根気のある人向きの方法でしょうか、結構慣れるまで大変だった記憶があります。

Nobuさんのおっしゃるように、FDIC保障制度を離れると、元本保証というのは
程度の問題になりますよね。

地方債、Muni Bondにも海千山千ありますが、一番安全だと言われているのは
Pre-refundedと呼ばれる種類です。

これは地方政府が早期償還を決めた地方債で、償還のための資金を国債など
で確保したものです。格付け会社が償還資金を確認してAaaレーティングを
もらっていたり、償還資金がEscrow口座に入っていたりして、かつCall/Sinkの
可能性が無い場合、Pre-refudnedされたMuni Bondは理論上は国債と同様の安全
性を持つことになります。

そういったPre-refundedのMuniは国債とどっこいか、ちょっと高めの利子が
つき、これが連邦税が非課税なので(住んでいる州内の地方政府の発行ならば
州税も非課税)CDよりは多少良いかなといった感じです。

あとは、社債ですが、Toyotaとか、Walmart、Microsoftなんてのは、連邦政府
までとはいかなくても当分は安泰なんじゃないでしょうか。あとFDICの特別
保障のついたTARP銀行の債券もAaaをもらってます。変り種では、ハーバードや
プリンストン等の大学の債券も安泰タイプ。でも、安泰タイプの会社・大学の
債券は利率も国債レベルですが・・・。

ビジネストリップのためチェック出来なかったのですが、瞬く間にたくさんのコメントありがとうございます。早速参考にさせていただきます。皆様ありがとうございました。

コメントを追加