掲示板

BOAのAverage Daily Balance

Nobuさん、遅ればせながら、明けましておめでとうございます。いつもROM専門で、ここにレスを書き込むのは年に2~3回程度ですが、本年も引き続きよろしくお願い致します。

実は、ちょっとBank of Americaの対応に納得できないことがあって、こちらで御相談させていただきたいと思いました。長文になりますが、よろしくお願い致します。

数年前LOC を申し込んだことをきっかけに、個人的なメインバンクをBOAに替えて以来のお付き合いです。今までMaintenance Feeを取られた事など一度もなかったのですが、先月のステートメントでcheckingに20ドルMonthly Maintenance Feeがチャージされました。

BOAのウェブサイトには、私が持っているアカウントのMaintenance Feeを回避するには、以下の方法と書かれています。

How to Avoid the Monthly Maintenance Fee – Meet one of the following balance requirements during each statement cycle:
1. Average daily balance in checking or a linked Regular Savings account – $5,000 or more
2. Average daily combined balance in checking with linked savings, CD and IRA accounts – $10,000 or more

ステートメントに記載されている各アカウントのAverageは以下の通りです。
Checking約3000ドル
Savings約4500ドル
CD約5000ドル
Total Qualifying Balance1万2千ドル以上
(LOCは今もキープしていますが、一度も使ったことはありません。)

Maintenance Feeを回避する1番の条件は満たしていないけれども、2番の条件は満たしているが私の解釈です。

早速、カスタマーサービスに電話したら、Average Daily Balanceをクリアーしていないからと言われました。1番はstatement cycle内に5000ドルを下回る日が1日でもあったらアウト、2番は1万ドルを1日でも下回る日があったらアウトなので、チャージされたと言うのです。そう言われて毎日の金額の変動を確認したら、2番の1万ドルを下回る日が2日ありました。

しかし、BOAのウェブサイトに書かれているAverage Daily Balanceの説明は以下です。

Average Daily Balance: For checking and savings accounts, it is the sum of the daily account balances during a period, usually a monthly statement cycle, divided by the number of days in the period.

この説明を何回読み返しても、1日でも規定の金額を下回ったらアウトではなく、あくまでmonthly statement cycleの平均が規定の金額を上回っていればOKとしか読めません。

このAverage Daily Balanceの説明をBOAのウェブ上の説明だと前置きして、カスタマーサービスの人に読んで聞かせても、あなたの理解が間違っている、1日でも金額を下回ったらアウトを繰り返すのみ。埒が明かないので、スーパーバイザーに替わってもらって同じ質問をしても、スーパーバイザーも全く同じ見解を繰り返すのみ。結局、スーパーバイザーは今回限りを条件にフィーをwaiveしてくれました。

でも、やっぱりAverage Daily Balanceの解釈が納得できないので、止めておけばいいのに最寄のBOAに立ち寄って聞いてみました。最初に対応してくれた人は新人っぽくて要点を得ず、カスタマーサービスの人と全く同じ説明を繰り返すので、マネージャーを呼んでもらいました。でも、マネージャーまで同じ見解でした。

ここまでくると、私は自分の文章理解力がおかしいのかと疑い始めました。でも、Average Daily Balanceの説明を何度読んでも、彼らの言っていることの方が間違っているとしか思えないのです。私の理解は間違っているのでしょうか?こちらにいらっしゃる皆さんは、どう理解されていますか?

結果的にはフィーはWaiveされたので、取りあえずはいいのですが、一体何が本当の理由で突然フィーをチャージされたか分からない部分が、実は一番困っています。

手元にあった過去6ヶ月のステートメントをチェックしてみたら、やっぱり1番や2番の金額を下回る日が毎月1~5日はありました。でも、今までMaintenance Feeチャージされたことは一度もはありません。(Averageの合計は毎月クリアーするように気をつけていましたから、Average規定の金額を下回ったことはありません。)

しかも、もっと不可解なのは、規定によるとMonthly Maintenance Feeは25ドルなのに、今回Monthly Maintenance Feeとしてチャージされたのは20ドルなんです。私としては、何かもっと根本的な部分で不具合があるとしか思えないのですが、カスタマーサービスもスーパーバイザーも支店のクラークもマネージャーも、金額の不一致についてはよく分からないとさらりと済ませてしまいました。「今回はWaiveしたんだから、これ以上何か文句あるのか?」のような対応です。

全くの個人的な意見なのですが、ここ2年間くらいのBOAのスタッフの質の低下は目を見張るものがあります。特にここ1年は他にもいろいろと小さな問題があって、メインのバンクを変えようかと何度か思ったことがあります。他のオンラインのSavingsやCDやInvestmentのアカウントが全てBOAのcheckingに繋がっているので、全てを変更するのが面倒ではありますが、またいつ理由不明のfeeがチャージされるか分からないし、それを解決するのに多大な時間を費やす必要がある事実は精神的に耐えられないので、この辺が潮時のような気がします。

長々と独り言のような投稿を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

眞さん、

多分同じアカウントをBOAで持っておられるのではないかと思います。
私のアカウントはprima checkingというものです。
私は去年から$10000の条件がminimum daily balanceに変わりました。
確か2009年1月からの変更だったと思います。
以前は月の平均が$10000であれば下回る日があってもよかったのですが、この変更で一日でも$10000を下回ると$20をチャージされるようになりました。
ちなみにこの$20はペナルティなので”ACCOUNT FEES”とだけ表示され、マンスリーチャージとは異なります。

ただこの変更の数ヶ月前にステートメントの中に説明が挿入され、近々条件が変わる旨説明されていました。遡ってチェックしてみてください。
私もこの変更には頭にきましたが、一度うかつにも20ドルとられてそれからはprimaとつながっているsavingに常に$10000を入れておくことにしました。
でも苦情を言えばwaiveしてもらえたかもしれないのですね。
惜しいことをしました。
もしもカスタマーサポートがminimum daily balanceと言わずにaverageと言ったのなら、この条件の変更をきちんと理解していないのではないでしょうか。

一回これで痛い目をみたので、クレジットカード会社や銀行からのステートメントやレターは隈なく目を通すようになりました。

ところで私がこのprimaアカウントを持っていた理由はキャッシャーズチェックとトラベラーズチェックが無料だったからですが、今年からトラベラーズチェックの業務を停止していて、急遽休眠状態だったChaseでTCを作りました。
本当に引き時かもしれませんね。

Mikichinさんのコメントを読んで、今まで不可解だった点が一挙に晴れたような気がします。ありがとうございます。

オンラインで18か月分のステートメントとその付属書類が見られるので、全部端から端まで目を通しましたが、minimum daily balanceの記述はどこにも見つけることが出来ませんした。なぜか私には関係のないMyAccess CheckingやRegular Checkingのfee($8.95とか$12)やOverdraft Item Feeの変更についてなら多数書かれていましたが。。。私のアカウントはAdvantage Checkingです。ステートメントにはAdvantage Monthly Maintenance Feeの名目で$20がサイクルの最終日に引き落とされています。Primaは聞いたことがないので、多分違う州にお住まいなのでしょうね。もし、Mikichinさんと全く同じ変更が私のアカウントにも起こったと仮定すると、今回の件のほぼ全てが納得できます。

ただ、やはり納得できないのは、どうしてその変更が知らされることがなかったかと、BOAの4名ものスタッフが揃いも揃って正しい情報を私に伝えることが出来なかったのかです。

電話で話したカスタマーサービスとスーパーバイザーとは、Webサイトを同時に見ながら話しました。Feeの詳細はどこでチェックすることが出来るか質問したら、ログイン後にAccount DetailsをクリックしてPersonal schedule of feesをクリックすると書いてあると言われたので、その通りに進んで辿り着いた場所に私が最初の投稿に引用したHow to Avoid the Monthly Maintenance Feeが書いてありました。そのページに書かれている文章を彼らにも復唱してもらって質問をしたので、彼もスーパーバイザーも間違いなくAverage Daily (Combined) Balanceと言いましたし、指定されたページは間違いなくAverageと書いてあります。Minimum Daily BalanceのことはFeeのページのどこにも書かれていません。自分たちが指定した場所にAverageと書かれてあったので、そう説明するしかなかったのかも知れませんが。

支店では、マネージャーがFeeの一覧表をくれたので、一行ずつ二人で同時に読みながら条件を確認しました。その一覧表は参考のために持ち帰ったので今手元にありますが、やはりそこにもAverage Daily (Combined) Balanceと書かれて、Minimum Daily Balanceはどこにも書かれていません。「あら、ここにはAverageと書かれているけれども、Minimumに変わったはず」とかなんとか言ってくれれば、こちらも少しは納得できたかもしれません。

もしMinimum Daily Balanceに変更になったのであれば、まずは正確な情報を変更前に知らせるべきだと思いますし、オンラインで表示されるPersonal schedule of feesも速やかに更新されるべきですが、残念ながらそれがなされなかったようです。ならばせめて問い合わせたときに正確な情報を私に説明して欲しかったです。それなのに4人ともAverage Daily Balanceと言いながら、Minimum Daily Balanceの説明を繰り返すなんて本当に信じられないです。BOA完全に終わってますね。Mikichinさんに教えていただかなければ、一生謎に終わるところでした。

早速移転先の銀行探しを始めたいと思います。皆さんcheckingはどの銀行をお使いでしょうか?おすすめはありますか?

わたしも少し違った状況ですが、Chaseのcheckingにfeeが付いたことがあります。これはQuickenのdownload feeとかいうことでしたが、「わたしはQuickenなんか使ってない」と電話で言ったらすぐに取り消してくれました。まったくの憶測ですが、ちょうどChaseが吸収したWAMU (Washington Mutual)とウェブサイトが一本化した時期でしたので、システムを統合する際のコンピューターの間違いだったのではないかと思っています。Chaseはわりと気に入っていたのですが、今の家の近くにChaseの支店がないこともあって、この口座は閉めました。

わたしは普段のcheckingはUS Bankを使っています。理由は、家のmortgageがUS Bankで、account minimumにmortgageの残高が入るため、まずこの先10〜20年はaccount minimumを下回る心配がないからです。(銀行によっては「総合口座」みたいなのでもmortgageは計算に入れてくれないところもあります。)それに、US Bankは自分のところで扱ったmortgageはほとんど他所に売らないらしいので、その点も大丈夫だろうと。

普段動かす必要のあるお金以外は、ING DIRECTのcheckingかsavingsに入れています。(残高と利率によってcheckingとsavingsの間を行ったり来たりしています。)INGは無料ATMの数が少ないし、紙のcheckを発行しないし、他行の口座に移すのに二三日かかるので、「現金が必要なときにはすぐにアクセスできるけど、その場の衝動では手をつけられないお金」と置いておくのに重宝しています。

私の友人も「BofA で急にマンスリーチャージが取られ始めた!」と憤慨していたのですが、きっと同じですね。
BofA はもともと何でもかんでもフィーを取る、というイメージだったのですが、既存の顧客に「ミニマムを上げたので」と平気で言える会社のポリシーにもうんざりですね(Citi もですが)。

私はeTrade がセカンダリー口座になっています。経営も一時期の倒産寸前状態からは立ち直ったようですし、とても便利です。

眞さん、明けましておめでとうございます。私も気になってBank of Americaのウェブサイトを見ているうちにいろいろと情報が投稿されてました。私が感じたことはウェブサイトのFeeの説明に統一性がなく、MinimumなのかAverageなのかよく分からないですね。

おそらく、あまりに大きい銀行で州によってもルールが違うので、サイトも社内文書も統一しきれていないのでしょう。コンピューターの計算だけがルールみたいになってしまっているのではないかと。

Bank of AmericaもE*Trade Bankも使っていますが、どちらにも必要以上にはお金はあまり入れず、Minimum Balanceなども最低の口座を使っています。Savingsなどは持たず、シンプルなCheckingだけにすると間違いも少ないのかもしれません。

BofAは昔からそういうことをよくしていた気がします。

以前CDの情報などに無知だったときに100KのCDをBofAで持っていたことがありました。(今ではBofAのCDはレートが低すぎて作る気がおきませんが)
100Kを超えるとpremium serviceというのが勝手についてきて、カスタマーサポートの待ち時間がなくなるなどの利点がありました。
このサービスは無料だったし、勝手に追加されたので気にしていなかったのですが、いつのまにか預金が100Kを下回るとチャージが発生する仕組みになってしまっていてそのときもあわててサービスの取り消しをしました。
隙あらば顧客からお金を取ろうとするのですよね。。。
どこにでもATMがあって便利なんですけれど、考え物です。

皆さん、引き続きアドバイスをありがとうございます。

他にも突然feeをとられた方々がいらっしゃることが分かって、自分だけじゃなかったと妙な安堵感。。。このような対応がBOAらしさなのですね。そういわれてみてさらに納得です。

BOAの前はWachoviaだったんですけど、Wachovia はもっとましでしたね。でもその後、Wachovia も随分吸収合併を繰り返したので、今は変わってしまっているかもしれません。

BOAには、AdvantageにするとLOCが一般のレートより0.25%低くなると言われたので、それが決め手で変えました。でも、結局5年以上たった今もLOCからは一度もお金を引き出していないので、まあ私達にとっては実際恩恵を受けていないベネフィットです。

それ以外のAdvantageベネフィットで後ろ髪ひかれるのがNo rental fee on standard size safe deposit boxでしょうか。それまでsafe deposit boxは利用していませんでしたが、せっかく付いてくるということで即借りて以来、権利書や鑑定書やその他の証書等の原本を保管しています。無料でなければ自宅で保存すればいいものばかりですが、peace of mindになっているように感じます。まあ、無くなっても困ることはありませんが。

それと金額的に大したことはなくても、free checksも嬉しいベネフィットの一つでした。チェックブックをBOAがオーダーしてくれるので料金がかからないのです。Billの支払いはほぼ全てオンラインなので、子供が学校に行き始める前はハードコピーのチェックなんて年にほんの数枚しか使わなかったのですが、子供がキンダーにあがった途端にチェックを切る回数増大で、チェックブックがどんどん無くなるようになってしまったんですよ。

とりあえずmikichinさんのお陰で原因と仕組みが解明できたので、AllyからトランスファーしてSavingsを1万ドル以上にしました。でも、昨日までは1万ドルを切っていたので、今月また20ドル引かれるかと思うと悔しいです。

今後は、3年物のCD(APR5.75%、私が持っている最後のCD古きよき時代のレートです。)が2月末に満期になるのを機会に、DCとSavingsをCheckingに移して移動計画を実行することにしました。まだ移転先の銀行は決めていませんから、もしかしたらBOAでno monthly feeでno minimum balanceのCheckingにするかもしれません。LOCの期限が後4年くらい残っていますし、BOAならonline bill paymentを新たに設定しなおさなくてもいいですから楽です。Savingsは既に持っているAllyやDiscoverで十分ですし、お金の移動も3日あればできますから、確かにわざわざBOAにSavingsを持つ利点なんてもうないんですよね。

皆さん、いろいろアドバイスを頂き、重ね重ねありがとうございました。

コメントを追加