ブログ

超長期的に見てみる

この前、O-yaさんが、migrationを含め、人間は同じことを繰り返すということを指摘してくれました。短期的に見れば、CAやFLのリカバリーは時間がかかるでしょうが、長期的に見れば、昔からバブルを繰り返しているので、また同じことが繰り返される可能性が高いです。

つまり、今回の低迷でうまいこと安く買って、長期保有をすれば、生きているうちにもう1度高騰して売れるかもしれない?!
そうしたら、いい資産になりますよね。(値上がり期待で投機的に買うのはだめでしょうけど。)

ただ私がどうしても気になるのは、生活環境として、将来魅力を保てるのか?というところです。
FLはどうしてもハリケーンが毎年すごいです。それなのに、修復が必要な堤防がた~くさん。何も起こらなければいいですけれど、災害リスクが高いエリアが多いです。

CAの場合は、地震や山火事かしらね。水不足だとか人口が多すぎることによる問題もあります。高生活コスト体質もおそらく続くでしょう。

どちらも、治安の課題もあります。

この辺にも、なぜ私がORに着目したかという理由があります。

まあ災害に関しては、ORも西海岸なので、地震のリスクがあります。しかし、CAや、WAのシアトル辺と比べると、だいぶマシです。
ただ火山のリスクはあります。地震とおそらく灰の影響はあるでしょうねえ。

ポートランドが、海岸沿いでないのもポイントです。海の近くはどうしても災害も多いですからね。
災害の少ないMA州でも、雰囲気のあるいい町に限って海辺なので、実際に買うとなったらどうかな~?と思っていました。住宅保険も高いです。
海が大好きとかいう人でなければ、やや内陸の方がいいように思います。

また、これから本当に気候変動が見られるのであれば、オレゴンがカリフォルニア化していく可能性があります。笑
オレゴンのワインが美味しくなっているというウワサがありますもの!爆
そうしたら、カリフォルニアから人がやってくること間違いなし!

なんてことよりも、私が気にしているのは、実は電気代なんです。
ここに、州ごとの電気代が出ています。
http://www.neo.ne.gov/statshtml/115.htm

MA州は15.3 cents/Kwh!
そうなんです。ニューイングランド勢、NY、NJはすごく高いんです。CAもですね。
冬寒くても、電気ヒーターは使えません。オイルやガスの方がずっと安いんです。

それに引き換え、ORは、7.45。半分ですよ。WAなんか6.8。
理由はダムです。雨が多いのを嫌がる人もいますが、パシフィックノースウェストは、これがあるんです。水とダム。水力発電が、今でも半分を占めている。だから電気代が安い。

これからなんでも電化になっていく傾向があるとしたら、ずいぶん光熱費に差が出ると思うんですよ。
水や温もりは、どの人間にとっても必要ですからね。これが高いとか無いとかいうのはまずい。
renewable energy推進も活発のようですし、石油、石炭依存からの離脱という観点から言えば、目標を達成しやすい地域といえるでしょう。

ポートランドはコンパクトにできているので、自動車依存も比較的改善しやすいですし、住民の健康状態もいい方のようです。若者をひきつける性質のある街なので、もう少し企業を呼び込みやすい条件をつくれば、活性化する基盤はあると思います。

それで長期的に見れば、案外お買い得な場所なのではと。
と、行ったことも無いのに、推してみました。笑
こういった観点から、いい条件が揃ってそうな場所って他にもありますか?