ブログ

生きていく経費

Cheeさんところで生活に必要な経費の見積もりが出ていたので、本当にどれだけかかるのか、うちの最低必要経費を元に計算してみました。

AがCheeさんの見積もり、Bがわたしの月々の固定経費、CがMidwestにCheeさん一家(4人家族)がお手頃サイズの家を買った場合を想定しての固定経費です。

いかにしてわたしがこのような計算結果に至ったか、ちょっと説明したいと思います。

まず最初にわたしの経費、Bを見てみましょう。うちは食費および生活必需品代(トイレットペーパーや洗剤)、ガソリン代、ちょっとした家のメンテナンス費用は同居人が出すので、わたしの経費としてはゼロです。住宅ローンが固定経費のほとんどを占めますが、これはわたしたちの好みで大きな家に住んでいるためで、必要があれば住宅ローン額はもっと減らすことができます。この額には、繰り上げ返済のための余分の支払いも含まれています。家が大きい分、光熱費も高めになっています。光熱費は一年分の平均、うちは冷房は嫌いなので使いません。ケーブルテレビがないのでインターネットはDSL、このため固定電話代が少し高くなります。自動車保険は新車の(今や評判の)プリウス一台、大人二人がドライバーですが、月々の保険料はネブラスカではこんなものです。ただし、この保険料には、優良ドライバー割引と、六ヶ月分の保険料まとめ払いの割引が含まれています。医療保険、生命保険はわたしが職場を通じてかけているものの実際の額です。(同居人は別に医療保険を持っています。生命保険はかけていません。)

わたしが固定経費と考えるのは、この表の「生活必需品」までです。それ以下の項目は、「お金が余れば買ってもいい」ものです。衣料費、教育費が「必需品」じゃないなんて酷かもしれませんが、年収6万ドルで暮らすにはそれくらいの覚悟が必要です。

さて、Cです。年収6万ドル、家族4人で、いったい毎月の手取りがいくらになるのかまず計算してみました。ここで大事なのは、健康保険、医療費は”pre-tax”で払えるという事実です。(医療費は前もってflexible spending accountを設定する必要があります。)会社が401kのマッチもやっているなら、これももらわないと損なので、税金(連邦と州)の他に健康保険 ($400)、flexible spending account ($200)、給料の3%が401kに引かれる(マッチの上限を3%と想定)としても、このウェブサイトの計算によると手取り$3500弱となりました。ここで注意してほしいのは、健康保険と医療費はすでに支払っているという事実です。おまけに少額ながらも貯金もしています。$3500からCの$2500を引いた残りを、衣服、教育費、交際費、それから貯金に回すことができます。

Midwestで$150Kくらいの家を$100Kのモーゲージで買えば、ローンの返済、固定資産税、保険を合わせて月々の支払いが$1200くらいになると思います。このくらいの大きさの家だと光熱費もうちほどかからないだろうから、ガス、水道はうちの半分、冷暖房代はすでにガス、電気のうちに含まれています。HOAのあるタウンハウスに住んだこともありますが、HOAは人の生活に文句をつけるだけで何もプラスになるようなことをしてくれた覚えはありません。だからHOAのない所に住みます。電話、通信費はケーブルテレビ込みで計算しましたが、最近ケーブルは値上がりしてるらしいので、もう少し高いかもしれません。自動車はこれは一台の見積もりです。保険は二台にしても二倍にはなりません。Multi-car割引が効くし、それに大概は一台がちゃんとした車(ママと子供たちが乗る方)で、もう一台(パパが乗る方)は車両保険をかける値打ちのないボロ車というのが相場ですので、二台目の保険料はかなり安くなります。

Cheeさん、この程度なら何とか生きていけません?