掲示板

弁護士

結婚によりグリーンカードを申請しています。弁護士を使っていますが、アシスタントの方は最初から書類などの手違いがよくありました。インタビューに行く際、弁護士付き添いをたのむとエクストラで$1,000で、悩みましたが、もしものために頼みました。
インタビューでのオフィサーからの質問などは私達夫婦は、スムーズに終わりましたが、最後にオフィサーが見せてほしいといった、私が最初にアメリカに来た頃のF-1ビサのI-20と学校からのレターを私は、弁護士からのリストになかったので持って行ってませんでした。弁護士もコピーを持ってないとの事。(GCをアプライする際に全部弁護士に渡しています。
こんな時、どうクレームすればいいのですか?(すぐに、担当の弁護士とアシスタントにメールしましたが、彼らからは連絡なくインタビューに付き添った弁護士から、オフィサーは新人で、I-20は、今いらないとの事。60日待てとの事。)
コピーも持ってなく、コールバックもメールも担当の弁護士からないのが腹が立ちます。
弁護士を変える場合、お金は返ってきますか?どうするのが、いいのでしょうか??

状況がはっきりとは分からないのですが、インタビューの後にI-20などの書類を出さなければならないということなのでしょうか? それともインタビューの時にその場で対応できなかったので弁護士がやるべき仕事をしなかった(できなかった)とお考えなのでしょうか?

相手が弁護士だけに余程の落ち度がなければ返金という対応はなかなかしてくれないと思います。弁護士を変える場合であっても、既に終了した仕事の分は返らないでしょう。

悪質であった(怠慢であった)などであればBar AssociationにComplaintを出すという方法もあります。Bar Associationは各州ごとにあります。

市民権保持者との結婚では、過去に不法滞在などがなければ弁護士に頼まない人の方が多いかと思います。自分だけでやってうまく行くものなのか分かりませんが、Officerが要求したのが単に過去の書類のコピーだけであれば、それを送ってしまえば済むことなのかもしれません。

私もGC申請の際に弁護士を頼みました。
私たちの場合『親友のガールフレンドのおすすめ』で断りにくかったのと、私の夫(アメリカ人の)仕事がとても忙しくお金で手間が省けるならと思ったのが弁護士を頼んだ理由です。

基本的な課金は、メールの読み&書き、書類のチェック&作成、電話でのやり取りの時間それぞれに対してでした。

初めてのメールからして、私たちの名前を完全に間違えていたり、数枚必要な写真を1枚と記入していたり(後日速達で追加で送るのに余分の送料がかかったり)
必要なはずの書類が書かれておらず、こちらから質問して初めて揃えるように言われたり。
住所や氏名などをメールで送れば、それを書類に書き込んでくれるのですが、スペルだけではなくあちらにもこちらにも素人の私たちでも分かるようなミスが多すぎて、2度手間3度手間で、とてもストレスでした。
ミスで書き直しをお願いするたびに、追加の書類1枚、ミスの指摘のためのメールのやりとりで課金されるのも我慢がならず、申請の途中で弁護士事務所のボスと話をさせてもらったのですが「うちの部下は優秀で全力で頑張っている、もっと信用してほしい」などとわけのわからないイイワケをされたあげく『ボス=立場が高い』なのでこの人との電話での会話にもさらに高い課金をされ、あきれるばかりでした。

はては、そろそろ書類も揃おうかと思った時に、弁護士事務所から連絡があり私たちを担当していた弁護士が他のクライアントからのクレームも多く、クビにしたので別の弁護士が担当しますとのこと。
この新しい弁護士さんは仕事はきちっとやってくれたのですが、経験があるという理由で課金単位が高く(1.2倍くらい)も〜がまんならんということで、初めの見積もり額の2倍を超えた所で事務所そのものと契約を切り、それ以降は私たちだけでしました。

弁護士の事はよい勉強になったと思いあきらめていたはずなのですが、面接の際にインタビューをしてくださったオフィサーが、私たちにはスポンサーがいらなかったことや、パスポートの白紙部分のコピーなども不要なことを教えてくださり「これ、弁護士が余分のお金を稼ぐ常套手段なんだよね」と行ったのを聞いて、やっぱり. . .と言う気持ちでいっぱいでした。

このあとあらためて弁護士事務所と連絡し、あちらのミスでかかった費用はすべて返してもらえるように、証拠となるメールや書類を揃えてやり取りした結果(希望額より低かったのですが)$600程返してもらう事ができました。

WONDERさんのケースとどのくらい同じなのかは分かりませんが、ご参考までに . . .

コメントを追加