掲示板

カリフォルニアのタックスリターンについて

私は永住権、夫はアメリカ市民でカリフォルニア在住です。
去年の途中で仕事のため夫のみ他州に引っ越しました。
夫婦ジョイントでファイルするつもりですが、Stateのファイル方法について頭を悩ませています。
夫の引越し先はテキサスでステートタックスがないのでこれは考えないでいいとして、5月までカリフォルニアで得た収入、払ったタックスについてファイルする必要があります。
ファイリングステータスはジョイントで私はFull year resident、夫はPart year residentとしてファイルできるというふうに聞きました。
しかし、現在フリーバージョンのTurboTaxにすべての情報を入力し終えたのですが、どうも2つの州の合計収入金額に課税されているような感じなのです。
まず最初にカリフォルニアのW2を入力し終わった時点で数百ドルの戻りが表示されていました。
次にテキサスのW2を入力したら金額がマイナスになってしまったのです。
これはテキサスの収入がカリフォルニアの収入と同等に扱われ課税されてしまいったためだと思います。
本来ならテキサスの収入がカリフォルニアのRefundの金額を左右することはないですよね。
入力の途中で私と夫、それぞれのカリフォルニアに住んでいた日数や2つの州の収入を個別に入力する欄もあったりしたのですが、それが実際は反映されていないようです。
TurboTaxは現段階では(お金を払わないと)実際のフォームの詳細が見れないのでどのように処理されているのかわかりません。
でもSummaryとして大まかな内訳が見れるのですが、FederalとStateのAdjusted gross incomeは全く同じ金額になっていますし、Stateのほうはその金額からStandard Deductionを引かれた金額にタックスが課税されています。
このままだと$150ほど多くタックスを払わなければならないことになるのですが、これを修正するにはどうしたら良いのでしょうか?
もしかしたら私の方法が最初から間違っているのかもしれません。
その場合、どの方法が正しいのかご存知の方がいらっしゃいましたらよろしくお願いします。

いくつも可能性があるので、最終的にフォームを見てみないと何ともいえませんが、夫婦の一方だけがPart-Year Residentになるようなケースであれば、プロに頼んだほうが正確で良いかも知れません。TurboTaxの↓の説明を見る限り、夫婦で別々の州に住んでいる場合をカバーしているのか不明です。

http://turbotax.intuit.com/support/kb/state-taxes/multi-state/6358.html

ただ、カリフォルニアの場合、引っ越した後の収入も含めて税額を計算し、それを収入の割合に応じて課税します。そのため、テキサスの収入も当然、カリフォルニアのRefundを左右します。

http://www.ftb.ca.gov/forms/misc/1100.pdf

このことからテキサスの収入を入力したらRefundが減るのは当然の結果ともいえます。これはできるだけ高いMarginal Rate(限界税率)で課税するようにするためです。

Summaryから上記のリンクで説明されている割合に応じた課税(Prorated Tax)が計算されているのか分かればよいのですが、そうでない場合は実際のフォームを見るしかありません。

ご回答ありがとうございます。

「カリフォルニアの場合、引っ越した後の収入も含めて税額を計算し、それを収入の割合に応じて課税します。そのため、テキサスの収入も当然、カリフォルニアのRefundを左右します。」

↑とのことですが、貼っていただいたカリフォルニアのサイトに次の文章がありました。

Part-year residents are taxed on all income received while a resident, and only on income from California sources while a nonresident.

直訳すると、パートイヤーの居住者は、カリフォルニアに住んでいた時に得た全ての所得に課税される。カリフォルニアに居住していなかった時に得た所得は、カリフォルニアから得た所得のみに課税する。という意味で、つまり、カリフォルニアに住んでいた時も他州に住んでいた時も課税されるのはカリフォルニアで得た収入に対してという意味になると思います。
ということはテキサスに住んでテキサスから得た収入はカリフォルニアの課税対象外になるはずなのですが、いかがでしょう。

TurboTaxで表示された最終的な金額に($800ちょっと支払わなければならない)疑問があり、別のソフトで入力してみたところ、こちらは約$200ちょっとの支払いと出て$600も差が出ました。
どちらが正しいのか判断できないので今回はプロの方にお願いしようと思っているのですが、それでもどういうしくみになっているのか理解すべく悪戦苦闘しているところです。
しかし、私のような夫婦ジョイントの申告でどちらかがFull year resident、片方がPart year residentというケースはそう特別なケースではないと思うのです。
カリフォルニアの住人と他州の住人が結婚してカリフォルニアに引っ越してきたら今回の私と同じケースになるわけで(MOVE INとOUTの違いはあっても)そのようなことはよくあることですよね。。。
優秀なソフトであるTurboTax、たいていのケースは網羅していると思っていたのですが。

TurboTaxも州税版はあやふやな部分があるようですね。

下記のリンクはCAとWA州に別れて暮らすカップの例が載っています。WA州もTX州同様にCommunity Property Stateなので、参考になるかと思います。リンクが利かない場合は、リンクをGoogleで検索して見て下さい。

リンク先の例ではジョイントで540NRをファイルし、CA州源の所得全部と、WA州源の所得の半額を申告するよう指示しています。

Community Property Stateというのは、結婚中のそれぞれの所得も夫婦の共同資産も法律上は夫婦二人で半分ずつ所有しているとみなす州のことです。WA源の所得の半額を申告というのも、WA州がWA州源所得をCommunity Propertyと見なし、その半分は在CA配偶者の所有になるという理屈のようです。

http://www.taxalmanac.org/index.php/Discussion:State_taxes_for_Couple_wo...

http://www.taxalmanac.org/index.php/Discussion:Community_property_reside...

トピ主さんご夫婦の細かい事情が分からないので、これがすっぽりトピ主さんに当てはまるかどうかは分かりませんが、ともかく参考にまで。

関わる両州がCommunity Property Stateである以上、ファイリング・ステータスを連邦・CA州で統一する必要があり、連邦をジョイントでファイル=>CA州もジョイントでファイルする必要があるようです(例外はミリタリー)。いっそのこと連邦もCA州もセパレートでという方法もありますが、得にはならないかもしれません。なので、今の遠距離結婚が続く限りは、この問題は続くのかもしれませんね。

「パートイヤーの居住者は、カリフォルニアに住んでいた時に得た全ての所得に課税される。カリフォルニアに居住していなかった時に得た所得は、カリフォルニアから得た所得のみに課税する。という意味で、つまり、カリフォルニアに住んでいた時も他州に住んでいた時も課税されるのはカリフォルニアで得た収入に対してという意味になると思います。」

この解釈で合っていると思いますが、「税率」はその年すべての収入から計算されるので、テキサスの収入を入れるとカリフォルニアの収入に対して高い税金になるのだと思います。まるで禅問答のようですが。

また、ポピーさんが書いていらっしゃるように夫婦別々の収入でも計算には入れる必要があるようですね。これがジョイントでかつ一方だけがPart-Year Residentになる場合は半分だけ計上するというのは知りませんでした。参考になります。

いずにせよ、オンラインでやって購入前だと詳細が見れない、ということですから、プロに依頼して詳細も説明してもらったほうがいいかもしれませんね。時間も迫っているので早めに連絡されると良いと思います(今だと受付を締め切っている税理士も多いと思います。

遅レスですが・・・

Community Incomeの扱い方はこちらに載っています。

http://www.ftb.ca.gov/forms/2009/09_1031.pdf

実際にはこのスケジュールを使うようです。

http://www.ftb.ca.gov/forms/2009/09_540nrca.pdf
http://www.ftb.ca.gov/forms/2009/09_540nrcains.pdf

カリフォルニアって本当にお代官様な州ですよね。

コメントを追加