掲示板

「歯科矯正プロジェクト、スタート」について

歯科矯正プロジェクト、スタートに関する投稿です。

私は数年前に矯正を終了しました。
最初のコンサルタントで、治療費を聞いたときに、当時は貯金もなく、歯にまでローンを組めなかったので、
「仕事を探してお金がたまったらまた来ます」といって、職を探して一年後(2007年)に治療を開始しました。

最初の輪ゴム、かゆいような痛いような感覚を今でも覚えています。
口の中でワイヤーが張り巡らされて THANK YOU が発音できず、TANK YOU となっていた時期を思い出します。
でも、矯正が終了してからは自分に自信が出たのもあり、今は本当に満足しています。
実際に体験した痛みより2倍痛い、とわかっていても私なら矯正します。

二年半ずっと痛いのではなく、orthodontist がワイヤーを動かしたりした後数日痛いだけです。
それよりも、ワイヤーによって出来る口内炎のほうがしみじみ痛いので、
ワックスをたくさん使って専用のマウスウォッシュを使うことをお勧めします。

私の場合、FSAなどのプランは無かったので、自分で貯金して、という形でしたが、
「あと6ヶ月早くきてたら23歳になる前でdependent扱い(?)で保険が利いたのに」みたいなことを言われました。
もし子供ができたら、保険が使えるうちに矯正してあげよう、と思っています。

矯正、頑張ってくださいね!

「今までで一番良かった投資は?」と聞かれたら僕は「矯正」と答えると思います。もちろん、矯正は本当の意味での投資ではないのですが、少なくとも一番価値のある大きな買い物だと思います。たぶん、日本で育ってからアメリカに来て矯正した人は同じような気持ちだと思います。がんばってください。

ところで先の話なのでたぶん矯正は終わっていると思いますが、2013年からFSAの拠出限度額が減ってしまいますね。矯正のように大きな支出で、しかも予定がはっきりしているものはFSAに最適なのに残念です。

コメントを追加