ブログ

2008年度 税法の改正点 その1

税法は毎年変わり、特に2008年は景気刺激策としていくつもの変更がありました。変更内容をよく理解して、正しく申告できるようにしましょう。

払戻し税
景気刺激策として昨年中頃に行われた払戻し税はEconomic Stimulus Paymentsと呼ばれますが、実際には2008年のクレジットの先払いです。一人当たり最高で$600、夫婦合算だと$1,200、それに加えて子供一人当たり$300が支払われました。これは2007年度の確定申告を元に計算されました。

年収制限などのために満額を受け取ることが出来なかった人もいるでしょう。このような場合、2008年の確定申告でもらえなかった分をRecovery Rebate Creditとして申告することができます。昨年、子供が生まれるなどで状況が変わった場合も同様です。
また、日本人が該当する状況として、2007年の申告では社会保障番号(Social Security Number = SSN)を取得していなかった場合があります。2008年にSSNを取得したのであれば、払戻し税を申請することができます。
もし、状況が変わって払戻し税を受け取る資格がなくなってしまった場合はどうなるのでしょうか?このような場合は受け取った払戻し税を返還する必要はありません。

次回に続く...

コメントを追加