ブログ

リファイナンスなしで毎月の返済額を減らす方法

毎月の返済額を減らすためには、住宅ローン利率が低いローンに借り替えるリファイナンスが一般的です。ここ数年、住宅ローン利率はずっと下がり続けているので、景気が悪いにもかかわらずリファイナンスはそれなりにかっぱつなようです。また、以前に「キャッシュイン・リファイナンスがトレンドに」でお伝えしたように繰り上げ返済を組み合わせることでさらに毎月の返済額を減らすことができます。

しかし、既にリファイナンスしてしまった人や、クレジットスコアなどの関係でリファイナンスできない人は、こういった方法は使えません。ところがそういった状況でも毎月の返済額を減らす方法があります。

RecastingもしくはRe-amortizingと呼ばれる方法を使うと、固定金利のローンをリファイナンスすることなしに毎月の返済額を少なくすることができます。その仕組みはキャッシュイン・リファイナンスとほぼ同じです。それなりに大きな金額を用意し、それを使って繰り上げ返済します。元本が減りますが、通常の繰上げ返済であれば毎月の返済金額が変わらないので、返済期間が短くなります。Recastingは返済期間を短くせず、代わりに毎月の返済額を減らしてもらう方法です。この際、元のローンと利率は変わりません。借金の償却方法を計算しなおすのでRe-amortizingとも呼ばれるのでしょう。

Recastingはリファイナンスと比べて費用が少なく、Appraisal(家の値段の鑑定)なども不要なのが特徴です。欠点はどのローンでもRecastingできるわけではなく、ローン会社や銀行ごとに対応が違うことです。また、利率が変わらない点も注意しなければなりません。

Recastingは状況によっては非常に低い経費で毎月の返済金額を減らせるので、その家に長く住むつもりの人にとっては有用な選択肢と言えます。

コメントを追加