掲示板

将来日本帰国予定者はIRAをすべきか否か?

あいにく子供には恵まれず、日本の親も将来は介護が必要になりそうなこともあり、ここにきて老後は日本でと思い始めました。これから将来の帰国に向けて調べていく所ですが取り敢えずIRAについてご意見をお聞かせください。
 
10年以上IRAにコントリビューションしてきましたが、今年以降も追加投資すべきか否か、どちらがお得なのでしょうか?
ちなみに60歳まで引き出す予定はありません。将来永住権を放棄するのかなど今から勉強する所ですが、日本に帰国しいずれ70歳前にはIRAの引き出しを開始することになりますが、日本での引き出しが複雑ならば、ここで追加投資は止めた方が得なのでしょうか?
日本帰国予定でもIRAをされている方、traditionalかRoth、どちらを選んでおられますか?
初心者の質問でお恥ずかしいですが、良いアドバイスがあればお聞かせください。

私は403bと457bをメインにRoth IRAを併用してます。
403bと457bはpre-taxですしTraditional IRAにconvert可能なので
簡単に言えばTraditionalメインという事になります。

二国間かつ異なる時点間での税制の検討が必要なので判断は難しいですが
基本的に一旦払った税金は返って来ない以上、現在の限界所得税率がそれなりに高いのならば、
引き続きtraditionalにcontributeしておいて永住権放棄後に引き出すのが期待値としてはベストだと思います。

デロイトの見解(下記)だと401kは取得費用控除後に一時所得として総合課税という事ですから
他の所得がない場合、取得費用600万円、受け取り額1000万円なら、
400万円に対してのみ課税で税額は10万円程度で済む事になります。

https://www2.deloitte.com/jp/ja/pages/tax/articles/kokuzeisokuho-3august...

ちなみに面倒くさいという事であれば、
今からIRAをRoth IRAにコンバートして5年後以降かつ59.5歳以降に
引き出してから帰国すれば良いので何の面倒な手続きも生じません。

xさん、わざわざアドバイスを書き込んで下さってありがとうございます。デロイトの記事も読んで勉強してみます。

コメントを追加